Gショック

Gショックとは

Gショックとは、カシオ計算機株式会社が1983年から発売している腕時計のブランド名である。GショックのGはGravityから名付けたれた。発売当初は人気はそれほど高くなかったが、アメリカ合衆国で人気を博したことが影響し、日本でも人気を獲得した。

概説

1981年に「落としても壊れない腕時計」を目指して開発チーム「PROJECT TEAM Tough」が発足した。チームの主要メンバー3人は20代だった。3階からの落下実験など、200の試作を繰り返し2年後の1983年に発売されたのが「DW-5000」である。
アメリカで打ち出したテレビCMで「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というキャッチコピーが使用された。しかし、これは誇大広告ではないかとの意見が寄せられ、テレビ番組で検証されることとなった。検証の結果、プロホッケー選手によるシュートでも機能を喪失しないことが証明され、アメリカ合衆国で人気を博した。特に、米国西海岸のストリートファッションにおいて人気アイテムとなった。

日本では「アメリカで人気のGショック」として人気を逆輸入する形となった。とくに1994年公開の映画においてキアヌ・リーヴスがGショックを着用していたことから、人気が高まった。

特徴

Gショックの最大の特徴は、その堅牢性である。開発は「トリプル10」を目標に始まった。
この「トリプル10」は、落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年をさす。
「トリプル10」は、ポリウレタン製の衝撃吸収材と内部の5段階衝撃吸収構造を採用することで、達成された。その他、ストップウォッチ機能や、アラーム機能などデジタルウォッチの定番機能から、高気圧防水や防塵、防泥、気圧計、水深測定器、温度計、電波時計、タフソーラー、Bluetooth、ワールドタイム表示機能などが採用されている。

代表的な製品

「ORIGIN」
初代GショックであるDW-5000C。通称ORIGINと呼ばれる。キアヌ・リーヴスが主演していた映画から「スピードモデル」とも呼ばれている。四角く小さめのフェイスが特徴。アメリカ合衆国では、円形でフェイスが大きく視認性の高い6900系が人気であり、こちらを「ORIGIN」と呼んでいる。
「BABY-G」
女性を意識され作られたモデルである。ファッション性と小型化を重視している。このモデルが登場するまでは、通称ジュニアGの名前でORIGINの角型モデルDW-5600系が販売されていた。
「FROGMAN」
潜水用防水性能を持ったダイバーズモデルである。左右非対称のデザイン。最新のモデルでは、防水200m、80mの水深計測が可能である。さらに水深、方位、温度の計測などプロダイバーの要望に応えた高水準の機能を備えている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。