エルメス

エルメスとは

エルメス(HERMES)はフランスのエルメス・アンテルナショナル社が取り扱うファッションブランド。

概説

エルメスは1837年にフランスのパリにあった馬具工房から開始した。当時は交通手段として馬が使用されており、創設者であるティエリー・エルメスはパリのランバール通りに馬具の工房を建て馬具の製造を開始する。その後ティエリーが造る美しく機能性が高い馬具が人々に愛用され始め、次第に人気を博すようになる。その後、製品の完成度の高さによって皇室御用達の馬具職人となり、知名度は更に高まることになった。

1880年に現在の本店の場所であるフォーブル・サントレノ24番地に移動し、製造から小売りまでを行うようになり、自動車の登場をきっかけに馬具のみならずファッションの分野にも進出する。1892年にはエルメスとして最初のバッグとなり、後のケリーバッグやバーキンバッグの原点となるオタクロアバッグが製造される。
その後も財布やスカーフ、腕時計などファッションの分野や香水などの化粧品部門にて優れた製品を次々と世に送り出し、多くの愛好家を獲得したエルメスは現在では世界的にも有数のブランドとして認知されている。

主な製品

ケリーバッグ

エルメスの主な製品としてはまずケリーバッグが挙げられ、エレガントで洗練されたデザインが多くの人々を魅了してきた。ケリーバッグは1935年に誕生し当時はサック・クロアという名称であった。その後1950年代にモナコのケリー皇女が愛用したことで、名をケリーバッグと改名している。当時、妊娠中だったケリー皇女が腹部を庇うように使用している映像が流れたこともあり、ケリーバッグは世界中に知られることになった。

バーキン

バーキンは1984年に5代目のジャン=ルイ・デュマ=エルメスが機内で偶然出会った歌手のジェーン・バーキンが使っていたバッグがあまりにも使いづらそうな様子に、なんでも入れられるバッグをプレゼントさせて欲しいと申し出たことがきっかけとなって誕生した。そのためバーキンの特徴としてはエルメスの持つ美しいデザインに加えて、機能性も備えたバッグになる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。