ハイ・フリークエンシー・トレーディング

ハイ・フリークエンシー・トレーディングとは

ハイ・フリークエンシー・トレーディング(High Frequency Trading:以下、HFT)とは高速に売買注文を出す、高頻度の取引の事を指す言葉。コンピューターを利用して人では実行できないスピードで行う。

概説

HFTはミリ秒単位で小口の取引を大量に行い、小さな利益を積み上げるようにするためスキャルピングトレードの一種とも言える。なお実際に取引を行うのはコンピューターシステムであり、様々な指標やデータを基に現在では株から為替、先物など多くの金融商品に対して用いられている。
特に海外のヘッジファンドなどがこのトレーディングを活用する事が多く、大量の注文が行われ利益を上げている。

HFTに関しては市場の流動性を高める一方で、アルゴリズムが内容を決定するため、一定の条件が合致した際に一方的な注文が瞬間的に行われるため、フラッシュクラッシュを誘発するリスクが高まっているとも言われている。
また日本においてはHFTに対して平成30年に規制が行われ、高速取引を行う業者には金融庁への登録を義務付けている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。