スズメバチ

スズメバチとは

スズメバチはスズメバチ科に属する蜂の総称であり昆虫。他の蜂の種に比べ比較的大型のサイズを誇り攻撃性も高い。英語ではwasp(ワスプ)やHornet(ホーネット)と呼ばれる。

概説

スズメバチの誕生はハッキリしておらず現在の大陸になる以前より存在していたという説がある。
その後各大陸において進化し様々な種が誕生している。また交通網の発達により以前には存在していなかったオセアニアなどにも進出し勢力を拡大している。
スズメバチは他の多くの昆虫と比較しても攻撃的で、繁殖力が強く、また環境適応力も高いため、人里に巣を形成する事も多い。このことにより世界各地で人に対する被害が多数報告されている。
特にスズメバチが持つ毒は強く、刺された人がアナフィラキシーショックなどを併発し死亡に至るケースも多数存在する。

生態系

スズメバチは女王蜂を中心とした集団を形勢し巨大な巣を作り生息する。頂点に女王蜂が君臨し以下働き蜂になるメスと繁殖のために存在する少数のオス蜂がいる。
女王蜂は基本的に産卵のみ行い、少数のオスもそのためだけに存在している。残りの多数を占める働き蜂が巣を作ったり、幼虫にエサを与えたり、外敵から巣を守ったりと獅子奮迅の働きを見せている。

スズメバチの種類

現在主に活動が確認されているスズメバチの種類は以下の通り
・オオスズメバチ
・キイロスズメバチ
・ヒメスズメバチ
・モンスズメバチ
・チャイロスズメバチ
・コガタスズメバチ
・ツマアカスズメバチ
・ツマグロスズメバチ
・オリエントスズメバチ
・クロスズメバチ

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。