ハブスポット

HubSpotとは

HubSpot(ハブスポット)はインバウンドマーケティング、営業支援、カスタマーサービスなど向けに開発・提供されているウェブサービス。運営企業であるHubSpot, Inc.はマサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院で同期であったブライアン・ハリガン氏とダーメッシュ・シャア氏により2005年に創業された。なお、本部はそのアメリカのマサチューセッツに置いている。

特徴

HubSpotはマーケティングから品質管理、あるいは顧客管理やサポートまで事業における広いをカバーするツールで、Saleforceなどの主要なCRMとの連携機能がある。

また、HubSpot単体でもHubSpotCRMという機能が存在し顧客とのリードやタスクなどを一元的に管理できる。他ではMarketing Hubと呼ばれるWebサイトSNSなどの集客や管理を支援する機能があり、オートメーション機能やリード生成を簡単に行うことが出来るように複数のモジュールが用意されている。

広告に関しては広告測定ツールがあり、FacebookInstagram、Googleなどに出向した広告のデータを蓄積し分析を行い、最適化することが出来る。

コンテンツ支援としては、ウェブサイトやブログ、あるいは個別のLPページの作成ツールや、効果的なEmailを作成できるシステムもある。また、有効なコンテンツが作成出来るようにSEO情報などをフォローする機能もある。

分析機能としては潜在顧客をリアルタイムで確認することができ、訪問回数や地域などから対象をセグメントすることが可能になっている。またハブスポットはサポート体制が充実しており、チャット・電話・メールなどで不明点などをプランにも依るがすぐに確認することができる。

以上のような機能を有するツールはそれぞれの機能が独立した形で提供されているケースが殆どだが、ハブスポットはそれらが一括で提供されており、各モジュールが連携することで、無駄な連携部分を省くことに成功している。例えばブログとメールシステムなどは通常それぞれ独立して製品として契約し、両者を連携させるためには繋ぐためのプログラムを開発しなければならなかったりする。またいずれかのプログラムがアップデートされた際に片方もそれに応じて再開発しなければならなかったりもする。そのため、便利な機能を持つ製品であっても範囲が限られることがネックとなるケースも少なくない。ハブスポットはそれらの課題を1つのパッケージで解決することが可能。

HubSpotの機能

ハブスポットは主に以下の機能を提供しており、それぞれが連携して機能する。

HubSpot CRM
HubSpot CRMは顧客管理を行うためのツールで無料で使用可能。スケジュール管理やウェブチャットの使用、外部メールサービスとの連携、分析機能など。

Marketing Hub
ランディングページやEメールのテンプレートなどを提供、無料からプレミアムプランまで用意されている。またページのSEO上の問題点などを把握出来るツールなども用意されおり、課題などを明示的に把握出来る。

Sales Hub
主に顧客に向けたメールやメッセージの管理が主な機能。アクションが行われた際に通知を飛ばす機能など、スピードを重視したセールスを行うことをサポートするツール。

Service Hub
カスタマーサービスを中心としたサービスを提供。特にチャットツールはスムーズな操作感と見やすい管理画面が用意されており、外部との連携も可能。そのため、チャット機能のみ利用するために契約している業者も存在する。

CMS Hub
ウェブサイトを作成するためのツールで、多くのリリースされているテーマを適用してサイトをカスタマイズしていく。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。