インポッシブルフーズ

インポッシブル・フーズとは

インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)はアメリカのカリフォルニアに本拠地を構える人工肉などを開発・製造している食品テック企業。

概説

インポッシブル・フーズは2011年にPatrick O. Brown、MD、Ph.Dらによって設立され、当初より肉を代替するための植物の研究を行っていた。インポッシブル・フーズは肉の持つ食感や匂い、味、栄養などを研究し2016年に最初の食品であるインポッシブル・バーガーを発売する。

インポッシブル・バーガーは世界的に健康志向が高まりつつあったこともあり、多くのレストランなどで提供・販売されることになり、現在では10000店舗以上で取り扱いがある。また2019年にはアメリカの食品当局の認可がおり、更には大手ハンバーガーチェーンであるバーガーキングにて同社の食材を利用した食品であるインポッシブル・ワッパー(Impossible Whopper)が発売されるなど、より広域に規模を拡大させている。

またインポッシブル・フーズは2019年10月時点では株式上場には至っていないが、今年の5月に3億ドルの資金調達ラウンドを実施しており、グーグルベンチャーズ、ホライゾンベンチャーズなど大手のVCも参加するなど期待値は高い。なお、同社のライバルの内の一社と見られている米ビヨンドミートは一足先にナスダックに上場を果たしており、同社のIPOも近いと見られている。

人工肉以外の商品

インポッシブル・フーズは人口肉以外にも、乳製品や魚などを代替する商品の開発にも取り組んでいる。但しこれらはいずれも2019年時点では商品化されてはいない。

会社情報

会社名 Impossible Foods Inc.
設立 2011年7月16日
本社所在地 400 Saginaw Drive Redwood City, CA 94063 United States
事業内容 植物をベースとした食材による代替肉の研究・開発・製造等
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。