インストール

インストールとは

インストール(Install)は何らかのプログラム(アプリなど)を端末(パソコンやスマホ等)で使えるようにするために組み込むこと。逆に削除することはアンインストールと呼ぶ。

仕組み

通常、パソコンでアプリなど何らかのプログラムを使う場合、基本的にはファイルが端末上にあるだけでは実行が出来ない(一部例外あり)ため、そのプログラム群をシステムに組み込み、動かすように設定する必要がある。インストールを行うためには多くの場合、ダウンロードして持ってきたファイル群の中にあるインストーラーと呼ばれるファイルを実行することで端末に組み込まれていく。インストーラーを実行すると説明などのウィザード画面が立ち上がり、その画面に沿って「はい」や「OK」などのボタンを押して対話形式でインストールを実行していくことが多い。

なお、混同しやすいダウンロードとの違いとして、ダウンロードはプログラムファイル群を端末まで持ってきた状態になり、インストールはその先の設定ということになる。そのため、画像や動画、あるいはエクセルファイルやワードファイルなど、パソコンに組み込む必要が無いファイルに関しては基本的にダウンロードするという言葉が使われる。

注意点としては、インストールを行うことは端末を動かすためのベースになるシステムファイルに何らかの形で影響が発生する事になり、もしインストールするアプリケーションなどにウイルスなどが存在した場合は端末の中核であるシステムファイルをウイルスに制される可能性がある。特に怪しいサイトなどから配布されたファイルなどをインストールすることはリスクがついてまわるため、アプリケーションのインストール時は配布元などをよく確認する必要がある。
こうした理由から、会社で使用するパソコンなどでは基本的に管理者が許可しないとインストールが出来ないように設定されており、気に入ったアプリを好きに端末することは出来ない。場合によっては内容を記した書類を提出し審査をした上でインストールの可否が決定するようなセキュリティ対策を取っているところも多い。

ちなみに上記の内容はWindowsおよびAndroidOS製品の話となり、macOSが使われているApple社製品の場合は基本的にアプリケーションはシステムファイルに関係がなく、プログラムをハードディスクに入れる事でインストールが完了し、削除すればアンインストールされる仕組みになっている。そのため端末の中核になるシステムファイルへのウイルスの侵入を許すというリスクは大きく減るものの、近年ではそれでも別のパターンなどで侵入を試みようとするウイルスなども存在する。通常アップル製品で動かすことが出来るアプリケーションはapp store経由で配布され、ストアへの申請時にはアップルが定めた厳格なセキュリティをクリアしなければならないため、リスクは低いが近年、インターネット環境は飛躍的に拡大しているため、仮にアップル製品だとしても怪しいアプリやウェブサイトには注意する必要がある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。