IPO

IPOとは

IPOは(Initial Public Offering)の頭文字を取った略語で、会社が新たに株式を証券取引所に上場し投資家に売り出すことを指す。

概説

IPOは企業にとって大規模な資金調達が期待出来、また投資家にとっては株式を安く取得できるチャンスでもある。また上場後に公開銘柄が値上がりすることも多く、そのため人気の高い企業の場合は購入のために抽選になる事が殆ど。

IPOを実施するためには手続き等で長い期間と手間を要するため主幹事と呼ばれる特定の証券会社が準備を行う。そのため主幹事となる証券会社はIPO株の販売する比率が他の証券会社に比べて大きく割り当てられるため、投資家がIPO株を購入したいと考えた場合はその証券会社の口座を開いておく必要がある。

以上から企業にとっても投資家にとっても良い事づくめのように見えるIPOだが、上場ゴールと揶揄される上場して資金調達を最終目的とした企業が少なからず存在することや、上場直後に期待通り値が上がらず、むしろ売り尽くされて、IPOに参加した投資家が大きく含み損を抱えたままになってしまう事もあるなど、投資先のバリュエーションが不明瞭な点はIPOにおける最大のリスクと言える。

ブックビルディング

IPOに参加の意思がある投資家は証券会社が行うブックビルディングと呼ばれる希望購入価格・数量の申し込みを行う。その上で抽選に参加する事になる。

主な抽選方法

人気のIPO株の購入に関して行われる事が多い抽選の方式には以下のようなものがある

・完全平等による抽選(マネックス証券、ライブスター証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券など※楽天証券など資金力が影響する口座もある)
・ステージ制(支払った額、手数料が多いと優遇される)による抽選(岡三オンライン証券など)
・ポイント(抽選漏れの際にポイントを得る事が出来、ポイントがたまると優遇される)による抽選(SBI証券など)
・資金力(口座内資金が大きい人が優遇される)による抽選
など

以上を経た上で当選した場合に気を付けたいのは、抽選後にも改めて購入の手続きが必要であり、怠ると購入が出来なくなってしまうため注意が必要。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。