転職

転職とは

転職(てんしょく)は仕事を変えること。労働契約を締結している会社・組織等を変更すること。

概説

転職は一般的には被雇用者が現在労働契約を結んでいる会社との契約を終了し、新たな会社と雇用契約を結ぶことになる。また対象としては正規職員(正社員)を指すことが多く、契約社員やパート・アルバイトを指すことは少ない。

特徴

転職はケースにより様々なタイプが存在し、それぞれのケースにより手法やプロセスは大きく異なる。
比較的多いケースとしては就業しながら転職活動を行い、希望する新しい会社などから内定を受けた時点で現在の会社にその旨を伝え、引き継ぎや有休消化の手続きを取り新しい会社に移るケースがある。
この場合、求人・転職サイトなどを活用して手続きを進める方法が多いが、個人的な繋がりや求人募集している会社に直接応募して行うケースも多い。
他では会社が倒産したり、解雇されるなどしたのち転職活動を進めるケースもあり、その場合はハローワークで手続きを行い雇用保険(受給資格者に限る)などを受給しながら転職活動を進めていくことが多い。
また数としては多くないがヘッドハンティングのような形で取引先などへ転職するケースもある。

転職活動

転職活動においては基本的に自身が作成した履歴書・職務経歴書を元に面接や筆記試験などを行い形式が殆どである。面接回数や筆記試験の有無、または内定の連絡手段やタイミングなどは企業により様々なケースがあり一意ではない。また2020年に起こった新型コロナウイルス(COVID-19)の流行に伴うリモートワークの普及により、面接をリモートで行う企業も増加している。

なお、転職活動において実施される面接に関してはスーツが基準になるものの、会社によっては私服でも問題無い企業もあり、企業風土に応じて内容は異なる。また面接で問われる内容も自己紹介や経歴説明などを除き千差万別である。

主な求人サイト

日本において現在転職時に多くの人が活用する求人サイトは以下の通り

・リクナビNEXT
・マイナビ転職
Indeed
・エン転職
・doda(デューダ)
・Wantedly(ウォンテッドリー)
・求人ボックス
・スタンバイ

上記求人サイト以外にも業界に特化した形式など数多くの求人サイトが存在しており、市場における競争率は非常に高い状態になっている。

なお、これらの求人サイトにはIndeedのように企業が直接求人を掲載している媒体もあれば、媒体側で企業から求人情報を貰い掲載しているタイプなどがある。前者の場合は利用者は企業の求人サイトへ直接連絡をする形になるため、Indeedが関与することは無いが、後者の場合は求人内容のチェックや連絡ツールの提供などを通じて転職活動が行いやすくなるようにサービスを提供している所がほとんどになる。
また、上記サイト運営企業の中には転職に際してエージェント(仲介)形式のサービスを提供している所も多く存在し、その場合は求職者の事前の精査やマッチング前後のフォローなどを行っている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。