花王

花王とは

花王は化粧品事業、スキンケア・ヘアケア事業、ヒューマンヘルスケア事業、ファブリック&ホームケア事業、ケミカル事業の5つの事業を展開する化学メーカーで東京都中央区日本橋に本社を構えている。

概説

花王は、1887年に長瀬富郎によって創業した『長瀬商店』が始まりである。1890年に化粧石鹸である花王石鹼を発売しのちの社名にも用いられる。1902年に直営工場の請地工場が開設され、1923年に吾嬬町工場(※現在のすみだ事業場)が操業を開始したことにより、石鹸の生産規模が拡大される。1934年には、家事化学研究所を設立し、家事全般を化学的に研究する施設として活躍した。60年代以降は、海外にも拠点を置くようになり、タイやマレーシア、香港などに花王社を設立するなどグローバル企業に成長している。社名に関して言えば、事業が多角化したことを契機として1985年に社名を花王石鹼から現在の社名である花王株式会社に変更している。

花王は、『花王ウェイ』を企業理念に掲げており、消費者と顧客のために価値のある商品とブランドを提供する『使命』、消費者と顧客のことをよく知り支持と信頼を獲得する『ビジョン』、「よきモノづくり」「絶えざる革新」「正道を歩む」の3つを基盤とした『基本となる価値観』、「消費者起点」「現場主義」「個の尊重とチームワーク」「グローバル視点」の4つの原則の『行動原則』…これら4つのベースを大切にし、顧客と消費者のために活動することを目標としている。

展開する主なサービス

化粧品事業
スキンケア・ヘアケア事業
ヒューマンヘルスケア事業
ファブリック&ホームケア事業
ケミカル事業

関連会社等

日本

花王株式会社
花王グループカスタマーマーケティング株式会社
株式会社カネボウ化粧品
株式会社エキップ
カネボウコスミリオン株式会社
花王コスメプロダクツ小田原株式会社
ニベア花王株式会社
花王サロンジャパン株式会社
花王サニタリープロダクツ愛媛株式会社
花王プロフェッショナル・サービス株式会社
花王クエーカー株式会社

中国

Kao (China) Holding Co., Ltd.
Kao Corporation Shanghai
Kao Commercial (Shanghai) Co., Ltd.
Kanebo Cosmetics (China) Co., Ltd.
Kao Chemical Corporation Shanghai
Kao Trading Corporation Shanghai
Kao (Shanghai) Chemical Industries Co., Ltd.
Kao Huludao Casting Materials Co., Ltd.

香港

Kao (Hong Kong) Ltd.
KPSS Hong Kong Ltd.

台湾

Kao (Taiwan) Corporation
Taiwan Kanebo Cosmetics Co., Ltd.
KPSS Taiwan Ltd.

韓国

Kanebo Cosmetics Korea Co.,Ltd.

ベトナム

Kao Vietnam Co., Ltd.

フィリピン

Pilipinas Kao, Incorporated

タイ

Kao Industrial (Thailand) Co., Ltd.
Kao Commercial (Thailand) Co., Ltd.
Kanebo Cosmetics (Thailand) Co., Ltd.
Kao Consumer Products (Southeast Asia) Co., Ltd.

マレーシア

Kao (Malaysia) Sdn. Bhd.
Kao Soap (Malaysia) Sdn. Bhd.
Kanebo Cosmetics Malaysia Sdn. Bhd.
Fatty Chemical (Malaysia) Sdn. Bhd.
Kao Plasticizer (Malaysia) Sdn. Bhd.
Kao Oleochemical (Malaysia) Sdn. Bhd.

シンガポール

Kao Singapore Pte. Ltd.

インドネシア

PT Kao Indonesia
PT. Kao Indonesia Chemicals

オーストラリア

Kao Australia Pty. Limited

ニュージーランド

Kao New Zealand Limited

会社情報

会社名 花王株式会社
設立 (創業)1887年6月(設立)1940年5月
本社所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
事業内容 化粧品、スキンケア・ヘアケア、ヒューマンヘルスケア、ファブリック&ホームケア、ケミカル、他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。