ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエットとは

ケトジェニックダイエット(Ketogenic diet)とは糖質を極端にセーブしタンパク質、ミネラル、食物繊維を多く摂り代替するダイエットのこと。糖質や脂質を控えることでエネルギー源として体内の脂肪を分解して使うようにする生理機能を利用したダイエット方法。ケトン体ダイエットという用語として使われることもある。

概説

ケトジェニックダイエットは糖質制限ダイエットの一種で糖質源となる米やスパゲッティー、うどん、そばなどを大きく減らしてその分を野菜などで代替する。また野菜に関しても芋などの根菜は糖質が多いため摂らず、葉物野菜や海藻類などを多く摂取する。

ケトジェニックダイエットの仕組みとしては糖質制限により糖が体内で不足し、そのエネルギーを筋肉等を分解して糖新生が起こりやすくなる。その後続けて糖質制限を行うと体内において脂質からケトン体が作られるようになり、脂肪が分解されやすくなる。なおダイエット中は余り多く糖質を取る事は推奨されず、期間を設定し行う事が良いとされる。

摂取する食物に関しては糖質でなければタンパク質や油などでも節度を守った上でならば摂取しても構わない。但しタンパク質はエネルギー源にもなり得るため、大量に摂取すると脂肪がエネルギー源になる状態になりづらいため注意が必要。
なお味付けに使われる調味料にも糖質は含まれているため、塩などで置き換えるくらいの気持ちが必要。

ケトジェニックダイエットに用いる食材

ケトジェニックダイエットにおいて摂取しても良いとされる食品は以下の通り

・肉、魚介類
・卵
・大豆
・バター・植物油
・葉野菜
・海藻
・きのこ
・糖質の少ない果物(いちごやグレープフルーツ等)
・ナッツ類
・糖質の少ない調味料 (塩・こしょう・酢・マヨネーズ等)

など

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。