菊花賞

菊花賞とは

菊花賞(きっかしょう)は日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、3歳牡馬のクラシック競争における皐月賞東京優駿に続き三冠目となるレース。なお出走資格は3歳の牡馬・牝馬に限定されているものの、地方馬・外国馬・外国産馬でも出走は可能。ただし、せん馬は出走不可となっている。

概説

菊花賞はイギリスで行われている長距離レースであるセントレジャーを参考として創設されたレースで、毎年秋から冬に移り変わる時期に京都競馬場で3000mの距離で行われる。3000mの長丁場のレースは多くの競走馬にとって未経験の距離となり、また二度の坂を越えるタフなコンディションである事なども踏まえると、多くのトップクラスの競走馬から抜きん出て勝利するためにはスピード、スタミナはもちろん、馬込みでも怯まない精神力も含めた競走馬としての総合的な能力が求められる。そのため、菊花賞は最も強い馬が勝つという格言がある。

第一回の競争は京都農林省賞典四歳呼馬という名前で1938年に京都競馬場の芝3000mで行われた。その後、1948年に現名称である菊花賞に変更された。開催時期は長らく天皇賞・秋の翌週に行われていたが、2000年以降は2週早まりその天皇賞の前週に行われるようになった。

トライアルレースは阪神競馬場の2400mで行われる神戸新聞杯、中山競馬場の2200mで行われるセントライト記念になり、いずれも三着以内に入ると菊花賞の優先出走権が与えられる。また菊花賞は前述したトライアルレースをステップとして出走する馬が多いが、長距離を嫌い他の路線に向かう馬も少なくないため、長距離の条件戦をステップレースに使った馬の参加も少なくない。また日本ダービーから期間が空くことから、春シーズンには成長が間に合わなかった馬やケガなどで出遅れていた馬が夏場以降急成長を遂げて出走してくることもあり、そうした上がり馬が優勝する例も多い。

歴代優勝馬

優勝馬
1938年 (牡3)テツモン(伊藤正四郎)
1939年 (牡3)マルタケ(清水茂次)
1940年 (牡3)テツザクラ(伊藤勝吉)
1941年 (牡3)セントライト(小西喜蔵)
1942年 (牡3)ハヤタケ(佐藤勇)
1943年 (牝3)クリフジ(前田長吉)
1946年 (牡3)アヅマライ(武田文吾)
1947年 (牝3)ブラウニー(土門健司)
1948年 (牡3)ニユーフオード(武田文吾)
1949年 (牡3)トサミドリ(浅野武志)
1950年 (牡3)ハイレコード(浅見国一)
1951年 (牡3)トラツクオー(小林稔)
1952年 (牡3)セントオー(梅内慶蔵)
1953年 (牡3)ハクリヨウ(保田隆芳)
1954年 (牡3)ダイナナホウシユウ(上田三千夫)
1955年 (牡3)メイヂヒカリ(蛯名武五郎)
1956年 (牡3)キタノオー(勝尾竹男)
1957年 (牡3)ラプソデー(矢倉義勇)
1958年 (牡3)コマヒカリ(浅見国一)
1959年 (牡3)ハククラマ(保田隆芳)
1960年 (牡3)キタノオーザ(伊藤竹男)
1961年 (牡3)アズマテンラン(野平好男)
1962年 (牡3)ヒロキミ(高松三太)
1963年 (牡3)グレートヨルカ(保田隆芳)
1964年 (牡3)シンザン(栗田勝)
1965年 (牡3)ダイコーター(栗田勝)
1966年 (牡3)ナスノコトブキ(森安弘明)
1967年 (牡3)ニツトエイト(伊藤竹男)
1968年 (牡3)アサカオー(加賀武見)
1969年 (牡3)アカネテンリュウ(丸目敏栄)
1970年 (牡3)ダテテンリュウ(宇田明彦)
1971年 (牡3)ニホンピロムーテー(福永洋一)
1972年 (牡3)イシノヒカル(増沢末夫)
1973年 (牡3)タケホープ(武邦彦)
1974年 (牡3)キタノカチドキ(武邦彦)
1975年 (牡3)コクサイプリンス(中島啓之)
1976年 (牡3)グリーングラス(安田富男)
1977年 (牡3)プレストウコウ(郷原洋行)
1978年 (牡3)インターグシケン(武邦彦)
1979年 (牡3)ハシハーミット(河内洋)
1980年 (牡3)ノースガスト(田島良保)
1981年 (牡3)ミナガワマンナ(菅原泰夫)
1982年 (牡3)ホリスキー(菅原泰夫)
1983年 (牡3)ミスターシービー(吉永正人)
1984年 (牡3)シンボリルドルフ(岡部幸雄)
1985年 (牡3)ミホシンザン(柴田政人)
1986年 (牡3)メジロデュレン(村本善之)
1987年 (牡3)サクラスターオー(東信二)
1988年 (牡3)スーパークリーク(武豊)
1989年 (牡3)バンブービギン(南井克巳)
1990年 (牡3)メジロマックイーン(内田浩一)
1991年 (牡3)レオダーバン(岡部幸雄)
1992年 (牡3)ライスシャワー(的場均)
1993年 (牡3)ビワハヤヒデ(岡部幸雄)
1994年 (牡3)ナリタブライアン(南井克巳)
1995年 (牡3)マヤノトップガン(田原成貴)
1996年 (牡3)ダンスインザダーク(武豊)
1997年 (牡3)マチカネフクキタル(南井克巳)
1998年 (牡3)セイウンスカイ(横山典弘)
1999年 (牡3)ナリタトップロード(渡辺薫彦)
2000年 (牡3)エアシャカール(武豊)
2001年 (牡3)マンハッタンカフェ(蛯名正義)
2002年 (牡3)ヒシミラクル(角田晃一)
2003年 (牡3)ザッツザプレンティ(安藤勝己)
2004年 (牡3)デルタブルース(岩田康誠)
2005年 (牡3)ディープインパクト(武豊)
2006年 (牡3)ソングオブウインド(武幸四郎)
2007年 (牡3)アサクサキングス(四位洋文)
2008年 (牡3)オウケンブルースリ(内田博幸)
2009年 (牡3)スリーロールス(浜中俊)
2010年 (牡3)ビッグウィーク(川田将雅)
2011年 (牡3)オルフェーヴル(池添謙一)
2012年 (牡3)ゴールドシップ(内田博幸)
2013年 (牡3)エピファネイア(福永祐一)
2014年 (牡3)トーホウジャッカル(酒井学)
2015年 (牡3)キタサンブラック(北村宏司)
2016年 (牡3)サトノダイヤモンド(C.ルメール)
2017年 (牡3)キセキ(M.デムーロ)
2018年 (牡3)フィエールマン(C.ルメール)
2019年 (牡3)ワールドプレミア(武豊)
2020年 (牡3)コントレイル(福永祐一)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。