ノックオン

ノックオンとは

ノックオン(Knock on)とはラグビーにおける反則行為の一つでボールを持っている選手が自身の前方にボールを落としてしまうこと。

概説

ノックオンはラグビーの試合において多く見られる反則の一つで、厳密にはボールを落とすかボールを相手ゴールライン方向に叩く、あるいはボールが選手の手や腕にあたり、ボールが相手ゴール側へ進んだ状態で地面に触れたり相手選手に触られた場合に取られることになる。
ただし、相手のキックを防ぐためのチャージダウン時などはこれに該当せず、反則にはならない。また相手選手が奪いに行った際にボールが溢れた時も同様にノックオンとは見なされない。
なお、ノックオンはプレーエリアのどこにおいても対象となり、発生しないエリアはない。

ノックオンと種別

ノックオンは状況により幾つかのタイプに分類され、それぞれ反則時に与えられるプレーが異なる。

・意図しないノックオン
その地点から相手チームのスクラムから再開される
・ラインアウト
タッチラインより15m地点から相手チームのスクラムにより再開
・インゴール
落とした地点から水平に5mラインからスクラムによって再開
・インテンショナルノックオン(故意)
相手にペナルティキックの権利が与えられ、仮にそのノックオンがなければトライしていたと認められる場合は認定トライが成立する

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。