国立西洋美術館

国立西洋美術館とは

国立西洋美術館は東京都台東区の上野恩賜公園内にある、西洋美術の作品を展示する美術館でル・コルビュジエの建築作品の一つ。ル・コルビュジエの建築作品は7か国に存在する17の作品のことであり、2016年7月にトルコのイスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会によって、世界遺産に登録された。なお本館は東京都初の世界文化遺産でもある。

国立西洋美術館の概要・特徴

『ル・コルビュジエの建築作品』は、スイス出身のル・コルビュジエによって建築された17の建築作品のことであり、大陸をはさんだ遺産としても注目を集めている。『フランク・ロイド・ライト』、『ミース・ファン・デル・ローエ』と共に、近代建築の三大巨匠のひとりとも言われている。元々、ル・コルビュジエは家業を継ぐ為に時計職人を目指していたが、弱視であったため美術学校へ行き、画家を目指すことになった。

美術学校で建築の才能を見出したル・コルビュジエは、建築の世界に進むこととなる。その後、フランスを中心に建築活動を行うようになり、鉄筋コンクリートの技術を学んだ。1914年に、機能的で合理的な造形理念に基づく建築『モダニズム建築』を提唱し、その後『近代建築の5原則』を提示した。その代表作が『サヴォア邸』である。

東アジア唯一の作品でもある『国立西洋美術館』は、フランスから松方コレクションを返還するにあたって、収蔵する美術館が必要となったことがはじまりである。1959年に上野公園に国立西洋美術館が建立された。一階部分を柱だけで支えることで、吹き抜け空間を作る建築方法、『ピロティ』はル・コルビュジエによって近代建築の5原則として主張されたものであり、国立西洋美術館にも取り入れられている。2階に上がると、低い天井部分と高い天井部分がある。ル・コルビュジエにとっての理想的な身長は183cmであり、低い天井のところで183cmの人が手を伸ばすとちょうど天井につく高さであり、絵画に集中できる高さに設計されている。高い天井部分は開放感あふれる高さで設計されている。また、スロープや自然光を取り入れた空間などもル・コルビュジエのこだわりである。2019年の2月中旬~5月中旬に、国立西洋美術館の開館から60周年を迎えたことを記念して『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』の展示会が行われた。

開室時間(※以下、国立西洋美術館)
9時30分~17時30分(金・土曜日は20時00分まで)

観覧料
常設展
一般:500円
大学生:250円

アクセス

JR上野駅より徒歩→1分
駐車場:なし

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。