コスダック

KOSDAQ(コスダック)指数とは

KOSDAQ(Korean Securities Dealers Automated Quotations:코스닥)は韓国の証券市場の一つで中小・ベンチャー企業が資金調達出来るようにするため1996年に誕生した。KOSDAQ指数はその市場に上場している銘柄を対象とした指数である。市場の営業時間は午前9時から午後15時半までとなっている。

概説

KOSDAQは名前の通り米国のNASDAQ株式市場にならって作られた市場になる。
当初は韓国取引所とは別に作られたが2005年行われた法改正により、現在では韓国証券取引所や先物取引所と合併し誕生した韓国取引所のKOSDAQ市場として機能している。
KOSDAQ指数はKOSDAQ市場に上場している銘柄を時価総額で加重平均し算出した指数で1996年7月1日を基準日として100ポイントが設定され、その後基準値は2004年1月26日に1000へ変更されている。

主な構成銘柄(2019年7月時点)

KOSDAQの主な構成銘柄は以下の通り
・SMエンターテイメント
・キーイースト
・セルトリオンヘルスケア
・CJ ENM
・新羅ジェン
・KMW
・スタジオドラゴン
・パラダイス
・SKマテリアルズヒュジェル
・メディトクス
・Pearlアビス
・SFA
・ポスコケムテック
・ヘリックスミス
・L&Cバイオ
・YGエンターテイメント

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。