赤ロム

赤ロムとは

赤ロムとは何らかの原因により使用が出来なくなったスマートフォンなどの端末のこと。物理的に壊れて使用できないという理由以外に何らかの要因により使用が停止されている端末のこと。逆に制限がされておらず通常使用が出来る端末のことは白ロムと呼ばれていたりする。

概説

赤ロム(スマホ)になる理由としては、〜年契約などでスマートフォンを購入した場合、契約した期間に代金を完済する必要がある。しかし、何らかの事情で途中で支払いがストップしてしまうというケースがあり、こうした場合は契約を結んだ携帯会社の方が端末を使用できないようにロックが行われている。

赤ロム端末は、多くの場合ネットオークションやオークションアプリなどで出品されていることが多い。また中古端末などを扱う店舗で中古のスマホを購入した場合もリスクとしては残るが、近年ではその対策として店側が将来的に赤ロムになった場合は同等の端末を用意するか、返金するという対応を取る業者も増えている。

赤ロムが出回る背景としてはスマートフォンは高額で販売出来る上に常に持ち歩いている人が多いため窃盗犯などがターゲットにしやすいアイテムになり、結果的に盗難品も多く出回っている。ただし盗難品のスマートフォンは届出などにより出回る前にロックされている状態になっていることがほとんどで、こういった端末も赤ロムと呼ばれている。

特徴

赤ロムスマホの特徴としてはネットワーク利用制限と呼ばれる携帯電話キャリアが行なっている制限により電話およびインターネット通信が一切出来なくなることが挙げられる。ただしwifi経由でのインターネット通信は可能。また他既存のアプリケーションに関しても通信が発生する場合を除き機能することもある。

通常、赤ロムとなった端末はネットワーク利用制限の解除が行われることは無い。ただしキャリアによっては残っている未払い代の全額返済などの条件次第で解除を行うところもある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。