ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキング(Logical Thinking)は論理的思考のことで、特に近年ビジネスにおいて重要視されている思考法の一つ。物事を順序立てて整理し、筋道を立てて、矛盾や重複が無いような思考をし、問題を解決するために、皆が納得する対応をするという構成の思考法になる。

概説

ロジカルシンキングにおける基本的な考え方は、MECE、So what?/Why so?、ピラミッドストラクチャ、フレームワーク、の4つが挙げられる。

MECEとは、「Mutually(相互に)、Exclusive(排他的に)、Collectively(集合的に)、Exhaustive(徹底的に)」の頭文字をとった用語で、ロジカルシンキングにおいては、漏れなく、重複することなく物事を取り上げてゆくことを指している。この要素を意識し思考する際に矛盾したもの、物事が重複することや問題点の脱落を少なくしていくことを目指す。

「So what?」と「Why so?」とは、日本語に直すと「それで?」「どうしてそうなるの?」とい意味になり、思考する際にはこの二つを問うことによって、論理的な問題提起や結論を導き出すことが出来るということである。

ピラミッドストラクチャとは、結論を上位に置き、その根拠をピラミッド状に図式化することである。根拠を羅列することによって結論を強固にし、その正しさを説明していく手法。残るフレームワーク法とは、beliefs(事柄)、ideas(概念)、rules(規則や法則、手順やメソッド)のセットで、問題提起などを容易にしてゆくテンプレートのこと。

ロジカルシンキングは、状況によってこれら4つの手法を駆使して相手に論理的に説明してゆくことになる。

メリット

ロジカルシンキングを行うことによるメリットとは、多角的な分析をすることにより、問題提起をしやすくなり、会話の場面で、順序立てて話すことにより相手に要件を伝えやすくすることが出来る。また、相手にメリットを説明する際に、説得力をもって説明することが出来る点や漠然としていた問題を整理し、効率的な提案や施策を行うことも出来るようになる。

ロジカルシンキングは、論理的思考という日本語訳の通り、順序立てて考え、さらに根拠を示した上で物事を整理整頓してゆく考え方でビジネスの上のみでなく、日常生活にも応用できる。

また機械やそこで稼働するプログラムは一定の規則性・論理構造を持つため、ITが様々な業界に登場し影響を及ぼすようになった現代においては、何らかの論理性を持つ行動・言動は現状のあるゆるシーンに対して親和性が高いと言える。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。