メギド72

メギド72とは

メギド72は家庭用ゲームや携帯電話向けアプリ開発を行なっているメディア・ビジョン社が開発を担当し、DeNAが運営及び配信を行っているスマートフォン用のゲームソフトである。2017年12月7日よりサービスが開始され、2020年現在まで配信が続けられている。

概説

メギド72はDeNAの新規オリジナルIPのRPGであり、基本プレイ無料でアイテム課金制のアプリとなっている。
現在のメギド72はキャラクターが3Dで描かれており、繊細かつ魅力溢れるキャラクターを楽しんでいるプレイヤーは数多く存在している。
しかしながら、オープンβ時はキャラクターが球のように描かれており、味気ないものとなっていた。
テストに参加したプレイヤーからの要望によって、キャラクターが3Dモデルで描かれるように作り直されることとなった。
さらにシステムも大きく作り直され、戦略性溢れる形へとリニューアルされた。
高いゲーム性もさることながら、重厚なストーリーも魅力となっている。
定期的にアップデートされるメインストーリーの他に、多くのイベントストーリーが実装されている。
BGMも評判が良く、ゲーム内で使用されているBGMの多くは、公式サイトからダウンロードできる。
これはプレイヤーの「サウンドトラックCDを発売して欲しい」という声に、公式がダウンロードして楽しめるようにと答えた形となっている。
2019年には日本ゲーム大賞2019にて優秀賞を獲得している。

特徴

メギド72は、DeNAとメディア・ビジョンの完全オリジナルRPGとして制作され、ソロモンの指輪とゴエティアをモチーフとして世界観が描かれている。
登場するキャラクターもソロモンの悪魔になぞらえた物が多く、ファンタジー系列のゲームを遊んだプレイヤーならば、聞いた事がある名前のキャラクターが多数存在している。
メギド72の特徴として、「ドラフトフォトンシステム」という独自のシステムを採用している。
「ドラフトフォトンシステム」は3種類のフォトンと呼ばれるアイテムを、自分と敵とで交互に取り合っていくというものである。
言葉にすると単純だが、どのフォトンをどのキャラクターに与えるかなど、プレイヤーの行動によって大きく戦況が変わる奥深いものとなっている。
キャラクターの組み合わせによって戦術も大きく変わるため、プレイヤーの腕が問われるゲームであり、それが最大の魅力のひとつである。
また、プレイヤーの周回を手助けする、一度クリアしたエリアの周回をスキップできるチケットや、オート戦闘などの機能も充実している。
これらの周回を手助けする機能はプレイヤーからも評判が高く、時間が足りない社会人にとって有り難いシステムとなっている。
ゲーム性やシナリオ、そしてシステム面でも評判は高く、今後も注目したいソフトの一つである。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。