マイルチャンピオンシップ(競馬)

マイルチャンピオンシップとは

マイルチャンピオンシップは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、毎年冬の時期に京都競馬場で行われる。春に1マイル(1600m)の距離で行われる安田記念と並び日本のマイラー王を決定するためのGI競走。略称としてマイルCSと表記されることもある。

概説

マイルチャンピオンシップは1984年に創設された比較的新しいGI競争で、第一回から現在まで京都競馬場で1600mの距離のコースで行われている。

レースは古馬だけではなく時期的に3歳馬も参加しやすい事から挑戦してくる陣営も多く、優勝馬も少なくない。また牝馬の優勝も比較的多くこれはエリザベス女王杯をパスして狙いを定めてくるという事も大きい。

優先出走権

マイルチャンピオンシップは以下のレースにおいてJRA所属の馬は1着以内、地方競馬所属の馬は2着以内に入着した場合に優先出走権を与えている。

スプリンターズステークス
・富士ステークス
・スワンステークス
天皇賞(秋)

他、2歳GIを除く中央競馬主催のGI競争の優勝馬などにも出走権が与えられる。

歴代優勝馬

開催年 優勝馬 勝ちタイム 騎手 調教師
1984 (牡4)ニホンピロウイナー 1:35.3 河内洋 服部正利
1985 (牡5)ニホンピロウイナー 1:35.3 河内洋 服部正利
1986 (牝4)タカラスチール 1:35.3 田島良保 坂本栄三郎
1987 (牡4)ニッポーテイオー 1:34.9 郷原洋行 久保田金造
1988 (牡3)サッカーボーイ 1:35.3 河内洋 小野幸治
1989 (牡4)オグリキャップ 1:34.6 南井克巳 瀬戸口勉
1990 (牝5)パッシングショット 1:33.6 楠孝志 橋田満
1991 (牡4)ダイタクヘリオス 1:34.8 岸滋彦 梅田康雄
1992 (牡5)ダイタクヘリオス 1:33.3 岸滋彦 梅田康雄
1993 (牝4)シンコウラブリイ 1:35.7 岡部幸雄 藤沢和雄
1994 (牝4)ノースフライト 1:33.0 角田晃一 加藤敬二
1995 (牡6)トロットサンダー 1:33.7 横山典弘 相川勝敏
1996 (牡4)ジェニュイン 1:33.8 岡部幸雄 松山康久
1997 (牡3)タイキシャトル 1:33.3 横山典弘 藤沢和雄
1998 (牡4)タイキシャトル 1:33.3 岡部幸雄 藤沢和雄
1999 (牡4)エアジハード 1:32.8 蛯名正義 伊藤正徳
2000 (牡3)アグネスデジタル 1:32.6 的場均 白井寿昭
2001 (牡4)ゼンノエルシド 1:33.2 O.ペリエ 藤沢和雄
2002 (騸6)トウカイポイント 1:32.8 蛯名正義 後藤由之
2003 (牡4)デュランダル 1:33.3 池添謙一 坂口正大
2004 (牡5)デュランダル 1:33.0 池添謙一 坂口正大
2005 (牡4)ハットトリック 1:32.1 O.ペリエ 角居勝彦
2006 (牡5)ダイワメジャー 1:32.7 安藤勝己 上原博之
2007 (牡6)ダイワメジャー 1:32.7 安藤勝己 上原博之
2008 (牝5)ブルーメンブラット 1:32.6 吉田豊 石坂正
2009 (牡8)カンパニー 1:33.2 横山典弘 音無秀孝
2010 (牡5)エーシンフォワード 1:31.8 岩田康誠 西園正都
2011 (牡4)エイシンアポロン 1:33.9 池添謙一 松永昌博
2012 (牡4)サダムパテック 1:32.9 武豊 西園正都
2013 (牡5)トーセンラー 1:32.4 武豊 藤原英昭
2014 (牡6)ダノンシャーク 1:31.5 岩田康誠 大久保龍志
2015 (牡4)モーリス 1:32.8 R.ムーア 堀宣行
2016 (牡5)ミッキーアイル 1:33.1 浜中俊 音無秀孝
2017 (牡3)ペルシアンナイト 1:33.8 M.デムーロ 池江泰寿
2018 (牡3)ステルヴィオ 1:33.3 W.ビュイック 木村哲也
2019 (牡4)インディチャンプ 1:33.0 池添謙一 音無秀孝
2020 (牝4)グランアレグリア 1:32.0 C.ルメール 藤沢和雄
2021 (牝5)グランアレグリア 1:32.6 C.ルメール 藤沢和雄
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す