複合現実

MR(複合現実)とは

MRはMixed Realityの略語で、現実と仮想が混在し仮想でのモノ・コトが現実に、現実でのモノ・コトが仮想にそれぞれリアルタイムで影響する空間およびそれを実現する技術の事を指す。

特徴

MRはARVRの領域、あるいは現実なども包括した概念となり、それらを混合させながら構成される空間になる。
具体的に言えば、何らかの商品を仮想空間の中で展開したり、逆に現実の中に仮想的なモノを落とし込み展開したり、それまでのVRARで出来ることを更に深化させたような技術になる。
MRに関して米マイクロソフト社はHoloLensというデバイスを開発しており、このデバイスを用いると透明なレンズを通した先にCGが展開され、実際に手を使って確認したりすることが出来る。

MRの技術は遠方からでも実際のモノをより詳細に確認したりすることが出来るため、販売から製造まで様々な用途が想定されている。
特に大規模な開発現場の場合は、詳細を把握するためには物理的にアクセスする必要があるが、MRが発展するにつれ、遠方からでも現地の状態を詳細に判別できるようになるような事も期待されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。