モナコイン

モナコインとは

モナコイン(Monacoin)は日本の掲示板ウェブサイトである2ちゃんねるが発祥の暗号資産(仮想通貨)。通称わたなべ氏により開発された日本初となる暗号資産。コード表記としてはMONAが使われている。

概説

モナコインは2013年の12月にβ版がリリースされ、一旦それは中止となるが、すぐに修正を行い、翌年2014年1月にモナコインは正式にリリースされた。
モチーフとして使用されているモナ―は2ちゃんねるの名物アスキーアートであり、それゆえ色物という見方をされることもあるが、一方で熱心なコミュニティの存在や大手取引所での取り扱いの増加、および保有者の増加などもあり、現在では暗号資産の中でも大きな存在感を示している。

また、Segwitやアトミックスワップといった暗号資産における最新技術を積極的に取り入れていることもあり、その点からもモナコインは注目を集めている。
モナコインの価格の変遷で言えば2014年1月のリリース当初は1MONA2円程度であったが、年末には99円前後まで急上昇する。但し、その後大きく価格を落として結局再度1MONA数円程度でしばらくは低迷する。

再び大きく価格を上昇させたのは2017年の暗号資産バブル時期になり、他の多くの暗号資産が価格を上昇させる中モナコインも価格を大幅に上げ一時は1MONA2000円を超えたタイミングも存在した。

特徴

モナコインはライトコインをベースに作成されており、取引の承認アルゴリズムはビットコインやライトコインと同じくProof of Workになっており、マイニングが発生する。
ブロックの生成時間はビットコインがおよそ10分、ベースとなったライトコインがおよそ2分半であるのに対してモナコインは1分30秒程度になっている。
また半減期が設定されており、2017年7月に最初の半減期が実行され、二回目の半減期は2020年8月頃が予定されている。
他では発行枚数の上限は105,120,000 MONAとなる。

なお、開発・運営等に関しては、プログラムはMonacoinprojectが開発しているが、コインの発行や運営は行っていない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。