金融緩和

金融緩和とは

金融緩和とは中央銀行が景気を刺激するために行う金融政策の一つで、政策金利を引き下げる、あるいは中央銀行が市中から国債を購入する等を行うこと。

概説

金融緩和(または金融緩和政策)は不況など景気が冷え込んでいる際に実施され、景気を活性化させる、あるいは大きく冷え込ませないようするなどの目的を持っている。
金融緩和において注目される政策としては、政策金利を引き下げる事と国債などを通じて市中に流す事が挙げられ、前者は市中に多く資金が流通するように促し、後者は市中に通貨を直接送り込み供給量を上げることになる。
いずれも流動性や絶対量が上昇する事で景気を後押しすることになり、結果として景気を上向かせることが期待される。

一方で金融緩和は政策を転換する際(出口政策)に大きな反動を伴うため、抑制が効かず進行させ続けてしまうという指摘もある。その場合、今度は逆に過度な資金供給によりバブルが発生することにも繋がりかねない点が危惧されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。