モスバーガー

モスバーガーとは

モスバーガーは株式会社モスフードサービスが販売管理を行っている日本の企業で東京都品川区に本社を構えている。

概説

モスバーガーは1972年6月に東京都板橋区成増に第一号店を出店したところから始まった。なお、第一号店は約2.8坪の小さな店舗で6月より前の3月12日からパイロット店として営業はスタートしている。そのため、モスバーガーではこの日を祝って3月12日はモスの日という記念日を設定している。

モスバーガーは設立当初より、同業であるマクドナルドとの差別化を図るために価格帯や品質にこだわりメニューを生み出している。また成長に伴い現在では国内外を問わず多くの店舗を出店しており、自前のファーム(農場)も多数抱えている。
なお、2019年11月30日時点の店舗数は国内1294店舗、海外に384店舗を有し、他の事業も含めモスグループ全体では1,719店舗となっている。

特徴

モスバーガーの特徴は、商品が注文されてから作り始める手法を取り入れており、他のファストフード店の様に作り置きをしていない点が挙げられる。その為注文を受けてから商品を作るためお客に提供されるまでに時間はかかるが出来立ての商品を提供出来るということが利点として挙げられている。

作り立てを客に提供するという手法がモスバーガーの売りでもあり、一方で商品として売れ残りの商品を生み出さないという利点と、売れ残った商品を廃棄する必要が無い利点がある。その為、環境や食品ロスなど環境問題や食糧問題に取り組む企業としてモスバーガーは評価を受けたこともある。ただし、作り置きをしないということで大量の注文が発生した場合、提供するまでに時間が掛かり客を待たせてしまう事にも繋がる。

なお、モスバーガーはミアクッチーナや、マザーリーフなど別の形態でも事業を行っている。またオフィス街などでは配送サービスなども行っている。

またモスカードと呼ばれるプリペイドカードを発行しており、店頭にて即時発行が可能。このカードでは3000円以上の入金で1ポイントが付与される他、毎月25日から29日の間に設定されているモスカードの日では1000円以上の入金で4%MOSポイントを手にすることが可能となっている。

味に関しては日本人の味覚に合った味付けを研究し作られており、初期のモスバーガーは試作が繰り返され180日もの期間を研究に当てて生み出されている。

主なメニュー

モスバーガー
モスチーズバーガー
テリヤキバーガー
テリヤキチキンバーガー
モス野菜バーガー 
フィッシュバーガー
ロースカツバーガー
海老カツバーガー
チキンバーガー
スパイシーモスバーガー
スパイシーモスチーズバーガー

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。