百舌鳥・古市古墳群

百舌鳥・古市古墳群とは

百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)は大阪府堺市(百舌鳥)と羽曳野市、藤井寺市(古市)にある日本を代表する古墳群である。古墳時代の埋葬の伝統や、社会的構造などが評価されたことにより、アゼルバイジャンの首都、バクーで開催されたユネスコの世界遺産委員会にて、2019年7月6日に百舌鳥・古市古墳群は世界文化遺産に登録された。国内の文化遺産の19件目で、自然遺産も含めると23件目となる。天皇や皇族が埋葬されている『陵墓』が世界遺産に登録されることは初めてのことである。

概説

百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期である4世紀後半~6世紀前半にかけて200基以上の古墳が築造された古墳群である。古墳群は当時、政治や文化が盛んな大阪府南部地域に築かれた。古墳は様々な形をしており、大きさも全て異なる。鍵穴のような形状の、最も有名な『前方後円墳』、前方が著しく短い、帆立貝のような形状をしている『帆立貝形古墳』、土を円形に盛り上げて形成した、日本で最も多く存在する『円墳』、四角形の形状をしており、日本で円墳に次いで多く存在する『方墳』の4種類がある。古墳の中で最も名の知られている、大阪府堺市にある『仁徳天皇陵古墳』は、長さ486メートル、高さ35メートルもある国内最大の前方後円墳である。この巨大な古墳を作るために、1500人もの労働者によって作られたともいわれている。仁徳天皇陵古墳の大きさから、エジプトの『クフ王のピラミッド』、中国の『始皇帝陵』と共に、『世界三大墳墓』として数えられている。第16第仁徳天皇が埋葬されており、仁徳天皇陵古墳周辺にはニサンザイ古墳、御廟山古墳、いたすけ古墳など多くの前方後円墳がある。さらに周辺には、中~小規模の古墳も存在しており、大きさ=埋葬者の地位や権力の階層を表している。現在は第二次世界大戦後の都市化の進展などによって、ほとんどの古墳が失われてしまった。

百舌鳥・古市古墳群の特徴

百舌鳥・古市古墳群は、堺市と羽曳野市、藤井寺市にある、古墳群49基で構成されている。堺市の百舌鳥エリアには23基の古墳があり、羽曳野市、藤井寺市の古市エリアには26基の古墳が存在する。一部の古墳は『天皇の墓』として宮内庁が管理しており、中に入ることが禁止されている。古墳全体を地上から見ることができないため、上空から古墳を一望できるヘリコプターでの古墳群遊覧のイベントなども開催されている。

アクセス(※仁徳天皇陵古墳)
南海高野線堺東駅より南海バス(あみだ池行)→
堺市博物館前下車→徒歩2分

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。