長崎ちゃんぽんリンガーハット

リンガーハットとは

リンガーハットは株式会社リンガーハットが運営する長崎チャンポンを始めとしたチェーン店。グループは他にとんかつ濱かつなどのブランドを有している。なお、創立はとんかつ浜勝の方が先で1962年に誕生している。

概説

リンガーハットは本社は東京にあるが本店は長崎県長崎市鍛冶屋町にある。前述した通りグループ内にはとんかつ濱かつという店舗もあり、デザートなどに同じメニューがある。また両店は隣接して店舗を構えていることもある。

リンガーハットは1974年に長崎ちゃんめんという名称で誕生し、店舗を拡大させ1982年には称号を株式会社浜勝から現在の株式会社リンガーハットに変更している。

リンガーハットは牛丼チェーン店のように爆発的に店舗を拡大していった訳ではないが少しづつ出店を進めていき、2010年代に入ると海外にも出店を進めている。

特徴

リンガーハットが提供している長崎チャンポンは長崎県長崎市が発祥の地とされ、長崎市に現存する中華料理店の店主が、中華料理をもとに考案したと言われている。特徴としては太めの麺と豚骨スープと豚肉・魚介と炒め野菜が添えられている。
リンガーハットのチャンポンはコクのあるスープに野菜が多くのったメニューであり、健康志向の高まりと共に人気を拡大させている。
またリンガーハットには、他の種類のチャンポンがあり牡蠣ちゃんぽんのような季節のメニュー、冷やしチャンポンといったメニューもある。

長崎ちゃんぽん以外のメニューで言えば皿うどんがありパリパリ麺、またはチャンポンで使われる麺に野菜とあんをかけたメニューにある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。