NAR

地方競馬全国協会とは

地方競馬全国協会(NAR:National Association of Racing)は日本の競馬法に基づき特殊法人として1962年に設立された組織で、その後競馬法の改正と共に2008年に地方共同法人に改組されている。全国12の地方競馬の運営をサポートする事および、地方競馬の発展や畜産を振興する事を推進するための各業務を行っている。本社は東京都港区麻布台に構える。

概説

NARは日本中央競馬会(JRA)が馬券の売り上げによって運営されているのに対し、地方競馬主催者の交付金を財源として地方競馬に係る業務を行っている。そのためレースの運営はNARではなく各事業者が主催し執り行っている。そのため主催により平日に行われる事もあり、またJRAが基本的に日中にレースを行っているの対して地方競馬では夜にレースが行われることもある。
なお主催と競馬場は以下の通り。
北海道(門別競馬場・札幌競馬場)
・帯広市(帯広競馬場)
・岩手県競馬組合(盛岡競馬場・水沢競馬場)
・埼玉県浦和競馬組合(浦和競馬場)
・千葉県競馬組合(船橋競馬場)
・特別区競馬組合(大井競馬場)
・神奈川県川崎競馬組合(川崎競馬場)
・石川県・金沢市(金沢競馬場)
・岐阜県地方競馬組合(笠松競馬場)
・愛知県競馬組合(名古屋競馬場・中京競馬場)
・兵庫県競馬組合(園田競馬場・姫路競馬場)
・高知県競馬組合(高知競馬場)
・佐賀県競馬組合(佐賀競馬場)

地方競馬全国協会の主な業務

NARは地方競馬を統括する機関で主な業務内容は以下の通り

・地方競馬における馬主・競走馬の登録
・地方競馬の調教師・騎手の免許
・地方競馬所属の調教師・騎手・競馬実務担当者の養成や訓練
・裁決委員、発走委員等の派遣
・地方競馬主催者間の調整・助言
・地方競馬の共同利用施設などの設置や整備
・地方競馬の経営改善に対する支援業務
・畜産振興事業に対する補助
・地方競馬に関する広報活動
・地方競馬の勝馬投票券発売システム・情報処理システムの管理

会社情報

会社名 地方競馬全国協会
設立 1962年8月1日
本社所在地 東京都港区麻布台2-2-1 麻布台ビル
事業内容 馬主・馬の登録、調教師・騎手の免許、調教師・騎手・競馬実務担当者の養成・訓練、裁決委員・発走委員等の派遣、地方競馬主催者間の調整・助言、地方競馬の共同利用施設等の設置・整備、地方競馬の経営改善に対する支援、畜産振興事業補助、競走馬生産振興事業補助、企画・調査及び競馬振興策推進、広報、地方競馬の勝馬投票券発売システム・情報処理システム管理、他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。