広告

ネイティブ広告

ネイティブ広告は広告の一種でウェブサイトなどに同化するようにして馴染み、一見しては広告と見えない形式の広告のこと。ネイティブアドと英語で呼ばれることも多い。ネイティブ広告は2014年頃より見られるようになったタイプの広告で、どちらかと言えば概念としての要素が大きい用語。

ネイティブ広告の特徴

ネイティブ広告はウェブサイトのコンテンツの領域に応じて形を変え表示される。例えばニュースサイトにおける記事の一覧画面をスクロールしていくと、記事内に酷似した、または同一のスタイル(見出しや画像、フォント等)で広告が表示される。
そのため、訪問ユーザーから見ると記事の一つのように見え広告とは気づきにくくなっている。そのため、ステルスマーケティングと混同しそうになってしまうが、ネイティブ広告には必ず広告であることが表示されるため、ステルスマーケティングには該当しない。
但し、厳密には該当しないとしても、広告であると分かりづらいため実際に訪問したユーザーが不信感などを強く抱く可能性もある。
なおネイティブ広告の誘導先は上記のような理由から商品やサービスなどを全面に出したLPでは無く、あくまで記事をメインとしたLPを用意すると良いとされている。

ちなみにネイティブ広告は媒体側として見た場合、ネイティブ広告は掲載媒体のスタイルを崩さないため、訪問者に大きな違和感や押しつけがましさなどを与える事がなく広告が掲出出来るメリットがある。
一方の広告主として見た場合はネイティブ広告は媒体メディアの顧客に対してアプローチをする事が可能になるため、掲載媒体のユーザーに広く自社サービスなどを訴求出来る。ただし広告経由の成果を重きに置いた場合はLPとなる記事のクオリティが重要になるため

主なネイティブ広告

主なネイティブ広告には以下のタイプがある

・インフィード
インフィード型のネイティブ広告としては、媒体の記事一覧画面上などで媒体が作成または提供している記事と記事の間に同じか似たフォーマットで表示される広告

・ペイドサーチ
GoogleやYahooなどの検索結果画面の上部または下部に表示されるいわゆるリスティング広告

・プロモートリスティング
媒体内の目立つ位置に優先的に表示される形式の広告

・レコメンド
サイトのデザインを崩さないように複数の広告を記事などの下部にまとめておススメとして表示する広告

※上記には性質上リスティング広告なども掲載しているが、一般的にネイティブ広告と言われた場合はインフィード広告を指す事が多い。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。