日本板硝子

日本板硝子とは

日本板硝子は、建設用ガラスや太陽電池用ガラスなどの製造販売を行う『建設用ガラス事業』、新車用ガラスや補修用ガラス、産業用輸送機材向けガラスなどの事業展開を行う『自動車用ガラス事業』、ディスプレイ用やタイミングベルト用などのガラストップメーカーである『高機能ガラス事業』の主に3つの事業を展開するガラスメーカーである。

概説

日本板硝子は、1918年に『日米板硝子株式会社』を設立したことが始まりである。その後1931年に『日本板硝子株式会社』に社名を変更し、1935年に四日市工場を建立した。

1950年に株式を上場したことにより企業の成長を遂げて、1964年にはフロート板ガラス製造技術導入契約が締結された。
70年代に入ると、事業のグローバル化に伴い、高機能ガラスの販売に力を入れるようになり、『ガラスフレーク』や熱線反射ガラスの『レフライト』、タイミングベルト用の『グラスコード』の発売を開始した。90年代はアジア事業を拡大し、ベトナムにフロート板ガラス会社、中国に情報電子用ガラス会社の設立などを行った。

2018年に創立100周年を迎えるにあたり、『Our Vision』という新たな経営指針を掲げ、快適な生活空間の創造で、より良い世界を築くこと、先進の発想で変化を起こし、全ての分野で最も信頼されるパートナーとなること、人の尊重、信用、誠実さなどを目標に新たなる成長を目指している。

展開する主なサービス

建築用ガラス事業
自動車用ガラス事業
高機能ガラス事業

国内事業所等

東京本社
大阪本社
技術研究所
千葉事業所
相模原事業所
四日市事業所
津事業所
垂井事業所
京都事業所
舞鶴事業所

会社情報

会社名 日本板硝子株式会社
設立 1918年
本社所在地 (東京本社)東京都港区三田3-5-27住友不動産三田ツインビル西館(大阪本社)大阪府大阪市中央区北浜4-5-33住友ビル4階
事業内容 建築用ガラス事業、自動車用ガラス事業、高機能ガラス事業
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。