ニコンのデジタルカメラ

Z 50とは

Z 50はニコンが開発・提供しているミラーレス一眼カメラで2019年11月に発売されたAPS-C機。同じZシリーズであるZ7Z6に次ぐニコンのzシリーズの第三作品目になる。

特徴

Z 50の大きな特徴としては約126.5×93.5×60mm(Z6:約134×100.5×67.5mm)という小柄なサイズになる。他のz7やz6よりも更に小型化している一方で、本体も薄く設計されているためグリップをしっかりと握る事が可能になっている。
また、被写体の瞳を感知する制度も向上しているため正確な上に非常に素早く行うことが出来る。これにより撮影に無駄な時間を要する事の低減が期待出来る。

また、野鳥類や動物などの撮影など場所や場面によってはシャッター音が邪魔になる事もあるが、Z 50ではサイレント撮影(無音撮影)も可能になっている。またスポーツ観戦時の撮影に欠かせない高速連続撮影に関していえば、1秒に最高11コマの撮影ができ、ベストショットをきちんと撮影することも容易になっている。さらに、Z 50ではサイレント撮影や高速撮影といった各種機能の切り替えがボタンから瞬時に切り替える事ができ、操作自体も非常に簡単に行える。全体的にスマートフォンの様に直感的に扱いやすいように、画面をタッチする事での機能の切り替えも可能。

Z 50は写真の撮影だけでなく、動画の撮影も機能が強化されており4K UHD動画の撮影、スローモーションでの撮影、カメラ内でのタイムラプスムービーの作成も可能になっている。更に携帯では手軽にできる自撮りも容易にできるように画面を反転する事ができ、携帯のようにどのように写っているか確認しながら自撮りを行えるよう工夫がされている。
またSnapBridgeというアプリをスマホやパソコンなどのデバイスにインストールしておくと、Bluetoothでのペアリング無しにZ 50に内臓されているWi-Fi経由で簡単に写真の同期・転送が可能。

機能・性能

Z 50のスペック

有効画素数:2088万画素(有効画素)
撮像素子:APS-C
連続撮影可能枚数:RAW:約9コマ
シャッタースピード:1/4000-30秒
ISO感度:標準:ISO 100~51200
測距点:209点ハイブリッドAF
サイズ:126.5x93.5x60mm
質量(本体のみ):約450g
カードスロット:SD、SDHC、SDXCメモリーカード(SDHC、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
動画記録方式:4K UHD 30p、フルHD1080/120p

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。