ミラーレスカメラ

Z7とは

Z7は株式会社ニコンが製造するフルサイズのデジタルミラーレスカメラで、2019年9月時点ではニコン製のミラーレスデジタルカメラとしては最上位の機種にあたる。

概説

Z7はNikonのミラーレスカメラのシリーズであるZシリーズの一つとして2018年9月28日に発売された。その後2019年11月23日により価格が手ごろなZ6も販売されている。zシリーズはそれまで一眼レフデジタルカメラを製造してきたNikonが初めて手掛けたミラーレスカメラという事で注目が集まった。ミラーレス市場は先行しているソニーキヤノンがシェアを伸ばしており、今後の展開も含めてミラーレスにかかる期待は大きい。

機能・性能

性能としては有効画素数が4575万画素となりZ6の2450万画素を大きく上回っており、d850とは同等である。またISO感度は64-25600となっており、これはZ6のISO感度が100-51200である事を考えると高感度には弱いが、より質の高い写真の撮影には適している。なおこれはd850とは同等の数値になっている。
また高速連続撮影は1秒当たり約9コマとこれまた1秒当たり12コマのZ6を下回っているが、画素を考慮すると仕方が無い点だと言える。手ブレ補正性能は対比されやすいD850がレンズでの対応のみなのに対してZ7ではカメラボディー内の手振れ補正機能が搭載されている。

またモニターはチルト式で上下方向に稼働する液晶モニターが採用されている。

動画機能は4Kに対応し(UHD 30p)、フルHDでは120pにも対応している。その他ではwifi機能も搭載しているため、外出先でのスマホへの主力なども容易に行える。なお本機では2019年5月16日にファームアップを行い瞳AF機能が実装されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。