ノート

noteとは

noteとはnote株式会社が運営しているブログサービスで、文章だけではなく画像やイラスト等も配信する事が出来るプラットフォーム。2014年4月よりスタートし作成した記事などが有料で販売する事が出来る点がヒットし年々利用者を増やしている。

概説

noteの運営会社であるnote株式会社(旧・株式会社ピースオブケイク)は2011年12月8日に創業し翌年にはサブスクリプション型記事をメインとしたコンテンツプラットフォームであるcakesをリリース。その後2014年4月7日にnoteを開始した。
noteは開始以来順調にユーザー数を伸ばしていき、2019年1月には月間MAUが1000万人を突破するまでに成長した。また同年3月には企業向けのプラットフォームとしてnote proをリリースし、7月にはYouTuberの大手事務所であるUUUMと資本業務提携を発表している。
なお、noteは2019年11月に開設以来使用していたドメイン「note.mu」から「note.com」に変更している。

noteは利用者の増加とともにいくつかの問題点も指摘されるようになり、売上を公開して購入を煽る行為の禁止や未成年者による有料記事販売の制限などの規制が取られることになった。

noteの機能

noteでは主にテキスト文章を専用のプラットフォーム上で作成し公開する事が出来る。また作成した作品は無料・有料公開を設定する事が出来、有料で販売する場合は100円、500円、1000円、他は最大10000円までの任意の価格での設定になる。また無料公開であっても投げ銭機能などがあるため収益を上げる事も可能。記事にはいいね機能などSNSで見られるようなレコメンド機能もあり、訪問者がコメントを投稿する事も出来る。
noteには無料会員と有料のプランであるnoteプレミアムがあり、基本的な機能が使用できる無料会員と有料プランでそれぞれ機能が異なる。

一般的な使い方

noteではプロフィールを作成し、テキストや画像、音楽や動画などを投稿することが一般的な使い方になる。また他の人のコンテンツにいいねを押すことやコメントすること、あるいはクリエイターをフォローしたり、SNSなどでシェアすることが出来る。
多くの機能は他のブログなどでも実装されているが、noteの場合はプラットフォームがシンプルであるという点と収益化が図れるという点が優れており、多くのユーザーを集めている。

noteプレミアムで使用できる主な機能

・定期購読マガジン申込
月額定期購読の形でマガジンを販売する事が出来る。

・共同運営マガジン機能
複数の作者で共同してマガジンに記事を掲載する事が出来る。利益は分配して受け取ることが可能。

・予約投稿機能
日付を指定し投稿する事が出来る。

・作成マガジン数の上限増
通常1アカウントで作れるマガジンの数が21から1000個に増加。

・コメント欄設定機能
記事下のコメント欄の表示・非表示が選択可能になる。

・数量限定販売
作品の数量を設定して販売する事が可能。

・販売価格の上限増
有料ノート・有料マガジンの販売価格上限を50,000円まで引き上げる事が出来る。

・Amazonウィジェット
マイページにAmazonウィジェットを5個まで設置可能。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。