優駿牝馬

オークスとは

オークスは日本中央競馬会が開催するGIレースの一つで、3歳牝馬のクラシック競争における桜花賞に続き二冠目となるレースで牝馬における最高峰の競争になる。正式名称は優駿牝馬。

概説

オークスはイギリスで行われているオークスを参考として創設されたレースで、毎年春から梅雨に移り変わる時期に東京競馬場の2400mの距離で行われる。オークがヨーロッパではナラ(樫)にあたるため、日本ではオークスの勝者は樫の女王と呼ばれることがある。

オークスは3歳牡馬の最高峰のレースである日本ダービーと同舞台で争われ、ダービーと同様にスピード、スタミナが求められる。クラシック第一弾である桜花賞は1600mの距離で行われる事もあり、短距離向きの馬などにもチャンスがあるが、オークスの場合は紛れの少ない東京競馬場でかつ距離も長いため一本調子の馬では勝利するのは難しい。

第一回の競争は阪神優駿牝馬という名前で1938年に阪神競馬場の芝2700mで行われた。翌年には距離が2450mに変更され1943年に一度京都競馬場で行われたのち、戦後の1946年以降は東京競馬場で開催されるようになり今に至る。

トライアルレースである桜花賞(GI)は5着以内、フローラステークス(GII)は2着以内、スイートピーステークス1着のみ、に優先出走権が与えられる。基本的にはこれらのレースをステップとして出走する馬が多く勝ち馬もこのレースを経た馬が大半を占めている。

歴代優勝馬

優勝馬
1938年 アステリモア(牝3)
1939年 ホシホマレ(牝3)
1940年 ルーネラ(牝3)
1941年 テツバンザイ(牝3)
1942年 ロツクステーツ(牝3)
1943年 クリフジ(牝3)
1946年 ミツマサ(牝3)
1947年 トキツカゼ(牝3)
1948年 ヤシマヒメ(牝3)
1949年 キングナイト(牝3)
1950年 コマミノル(牝3)
1951年 キヨフジ(牝3)
1952年 スウヰイスー(牝3)
1953年 ジツホマレ(牝3)
1954年 ヤマイチ(牝3)
1955年 ヒロイチ(牝3)
1956年 フエアマンナ(牝3)
1957年 ミスオンワード(牝3)
1958年 ミスマルサ(牝3)
1959年 オーカン(牝3)
1960年 スターロツチ(牝3)
1961年 チトセホープ(牝3)
1962年 オーハヤブサ(牝3)
1963年 アイテイオー(牝3)
1964年 カネケヤキ(牝3)
1965年 ベロナ(牝3)
1966年 ヒロヨシ(牝3)
1967年 ヤマピツト(牝3)
1968年 ルピナス(牝3)
1969年 シャダイターキン(牝3)
1970年 ジュピック(牝3)
1971年 カネヒムロ(牝3)
1972年 タケフブキ(牝3)
1973年 ナスノチグサ(牝3)
1974年 トウコウエルザ(牝3)
1975年 テスコガビー(牝3)
1976年 テイタニヤ(牝3)
1977年 リニアクイン(牝3)
1978年 ファイブホープ(牝3)
1979年 アグネスレディー(牝3)
1980年 ケイキロク(牝3)
1981年 テンモン(牝3)
1982年 シャダイアイバー(牝3)
1983年 ダイナカール(牝3)
1984年 トウカイローマン(牝3)
1985年 ノアノハコブネ(牝3)
1986年 メジロラモーヌ(牝3)
1987年 マックスビューティ(牝3)
1988年 コスモドリーム(牝3)
1989年 ライトカラー(牝3)
1990年 エイシンサニー(牝3)
1991年 イソノルーブル(牝3)
1992年 アドラーブル(牝3)
1993年 ベガ(牝3)
1994年 チョウカイキャロル(牝3)
1995年 ダンスパートナー(牝3)
1996年 エアグルーヴ(牝3)
1997年 メジロドーベル(牝3)
1998年 エリモエクセル(牝3)
1999年 ウメノファイバー(牝3)
2000年 シルクプリマドンナ(牝3)
2001年 レディパステル(牝3)
2002年 スマイルトゥモロー(牝3)
2003年 スティルインラブ(牝3)
2004年 ダイワエルシエーロ(牝3)
2005年 シーザリオ(牝3)
2006年 カワカミプリンセス(牝3)
2007年 ローブデコルテ(牝3)
2008年 トールポピー(牝3)
2009年 ブエナビスタ(牝3)
2010年 同着:アパパネ(牝3)・サンテミリオン(牝3)
()
2011年 エリンコート(牝3)
2012年 ジェンティルドンナ(牝3)
2013年 メイショウマンボ(牝3)
2014年 ヌーヴォレコルト(牝3)
2015年 ミッキークイーン(牝3)
2016年 シンハライト(牝3)
2017年 ソウルスターリング(牝3)
2018年 アーモンドアイ(牝3)
2019年 ラヴズオンリーユー(牝3)
2020年 デアリングタクト(牝3)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。