桜花賞

桜花賞とは

桜花賞(おうかしょう)は日本中央競馬会が開催するGIレースの一つで、3歳牝馬のクラシック競争における最初の一冠目となるレース。

概説

桜花賞はイギリスで行われているレース、1000ギニーを参考に創設されたレースで、毎年春の時期に阪神競馬場で1600mの距離で行われる。

桜花賞は第一回目の競争は中山四歳牝馬特別という名称で中山競馬場の芝1800mで行われた。その後、1947年に現名称である桜花賞に変更され、レースコースも京都競馬場に変更され、その後1950年に現行と同じく阪神競馬場の1600mで行われるようになった。

トライアルレースはチューリップ賞、アネモネSになりこれらのレースをステップとして出走する馬が多いが、近年では前年に行われる阪神JFからの直行や、クイーンカップ、フラワーカップなどトライアルレース外からの直行組もいる。なおトライアルレースであるチューリップ賞(GII)は3着以内、アネモネステークスは2着以内、フィリーズレビュー(GII)は3着以内に入った馬に桜花賞の出走権が与えられる。

歴代優勝馬

優勝馬
1939年 ソールレデイ(牝3)
1940年 タイレイ(牝3)
1941年 ブランドソール(牝3)
1942年 バンナーゴール(牝3)
1943年 ミスセフト(牝3)
1944年 ヤマイワイ(牝3)
1947年 ブラウニー(牝3)
1948年 ハマカゼ(牝3)
1949年 ヤシマドオター(牝3)
1950年 トサミツル(牝3)
1951年 ツキカワ(牝3)
1952年 スウヰイスー(牝3)
1953年 カンセイ(牝3)
1954年 ヤマイチ(牝3)
1955年 ヤシマベル(牝3)
1956年 ミスリラ(牝3)
1957年 ミスオンワード(牝3)
1958年 ホウシユウクイン(牝3)
1959年 キヨタケ(牝3)
1960年 トキノキロク(牝3)
1961年 スギヒメ(牝3)
1962年 ケンホウ(牝3)
1963年 ミスマサコ(牝3)
1964年 カネケヤキ(牝3)
1965年 ハツユキ(牝3)
1966年 ワカクモ(牝3)
1967年 シーエース(牝3)
1968年 コウユウ(牝3)
1969年 ヒデコトブキ(牝3)
1970年 タマミ(牝3)
1971年 ナスノカオリ(牝3)
1972年 アチーブスター(牝3)
1973年 ニットウチドリ(牝3)
1974年 タカエノカオリ(牝3)
1975年 テスコガビー(牝3)
1976年 テイタニヤ(牝3)
1977年 インターグロリア(牝3)
1978年 オヤマテスコ(牝3)
1979年 ホースメンテスコ(牝3)
1980年 ハギノトップレディ(牝3)
1981年 ブロケード(牝3)
1982年 リーゼングロス(牝3)
1983年 シャダイソフィア(牝3)
1984年 ダイアナソロン(牝3)
1985年 エルプス(牝3)
1986年 メジロラモーヌ(牝3)
1987年 マックスビューティ(牝3)
1988年 アラホウトク(牝3)
1989年 シャダイカグラ(牝3)
1990年 アグネスフローラ(牝3)
1991年 シスタートウショウ(牝3)
1992年 ニシノフラワー(牝3)
1993年 ベガ(牝3)
1994年 オグリローマン(牝3)
1995年 ワンダーパヒューム(牝3)
1996年 ファイトガリバー(牝3)
1997年 キョウエイマーチ(牝3)
1998年 ファレノプシス(牝3)
1999年 プリモディーネ(牝3)
2000年 チアズグレイス(牝3)
2001年 テイエムオーシャン(牝3)
2002年 アローキャリー(牝3)
2003年 スティルインラブ(牝3)
2004年 ダンスインザムード(牝3)
2005年 ラインクラフト(牝3)
2006年 キストゥヘヴン(牝3)
2007年 ダイワスカーレット(牝3)
2008年 レジネッタ(牝3)
2009年 ブエナビスタ(牝3)
2010年 アパパネ(牝3)
2011年 マルセリーナ(牝3)
2012年 ジェンティルドンナ(牝3)
2013年 アユサン(牝3)
2014年 ハープスター(牝3)
2015年 レッツゴードンキ(牝3)
2016年 ジュエラー(牝3)
2017年 レーヌミノル(牝3)
2018年 アーモンドアイ(牝3)
2019年 グランアレグリア(牝3)
2020年 デアリングタクト(牝3)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。