OM-D E-M10 Mark III

OM-D E-M10 Mark3とは

OM-D E-M10 Mark3はオリンパスが開発・販売しているミラーレス一眼カメラ(マイクロフォーサーズ)で2017年9月15日に発売された。

概説

OM-D E-M10 Mark3は本体のみの重さで約362gと非常に軽量かつ小型である点が大きな特徴で、持ち運びがしやすいカメラである。

また、5軸手ぶれ補正機能があり夜景や暗い屋内での撮影、望遠レンズを使った撮影など、手ぶれが発生しやすいシーンでも容易に撮影をすることが可能。このボディー内手ぶれ補正に関しては、すべてのレンズで補正が働くため、レンズに搭載されている手ぶれ補正では補正できない回転ぶれやマイクロ撮影時に起こりやすいシフトによるぶれも補正できる。また、4Kなど動画撮影時においても便利。
他では、WIFIを内臓しているため、撮影した写真をスマートフォンに転送する事が可能になっている。

機能・性能

OM-D E-M10 Mark3のスペック

有効画素数:約 1605万画素
撮像素子:4/3型Live MOS センサー
連続撮影可能枚数:連写H時、最速8.6コマ/秒
シャッタースピード:1/16000~60秒
ISO感度:標準:ISO100~6400
測距点:121点
サイズ:121.5mm - 83.6mm - 49.5mm
質量(本体のみ):約362g(本体のみ)
カードスロット:SDメモリーカード(SDHC、SDXC、UHS-I・II対応)
動画記録方式:4KFHDHD、他
タッチパネル画面サイズ:3インチ

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。