オンプレミス

オンプレミスとは

オンプレミス(on-premises)はサーバを運用する方法の一つで、企業が購入(またはリース等)から保守まで自前で全て管理すること。社内で使用する独自のシステムなどカスタム性が高く思い通りに管理出来るために取り入れている方法でサーバのみならずネットワーク(機器)、ソフトウェアなどの設備等を自社で導入、運用していくスタイルになる。

オンプレミスのメリットとデメリット

以前までは自社でインフラを用意する事が一般的になっており、オンプレミスは特段珍しい形態では無かった。ただし外部が管理を行い、使いたい部分のみ利用する形態であるクラウドサービスが急速に普及した現在では、オンプレミスはクラウドの対比として語られるようになっている。なおオンプレミスのサーバについては自社で用意したサーバ、事業者に預けるハウジング、サーバをレンタルするホスティングという形式が一般的になっている。

オンプレミスの利点としては、前述した通りカスタムが自由で自社のネットワークであるためセキュリティも担保でき、社内システムの連携も容易な点が挙げられる。さらに、技術力あれば現場に合わせたカスタムを自由にすることが可能なため業務効率化に繋がるシステム開発がしやすい。

一方でオンプレミスの短所としては初期コストが膨らむほか、構築までの日数も自前(あるいは関連会社なども含む)で行うため長いものでは数か月かかったりする。また、なんらかの障害が発生した場合も自社内で対応する必要がある。

他ではサーバ、ネットワーク機器、ソフトウエアなどかかる機器をすべて自社で用意する必要があるため、イニシャルコストが高額になるケースが多い。これら全体でかかるコスト、ベンダー保守費用、サーバ保守、専任担当者の人件費、サーバルームの警備用システム運用するコスト、サーバルームの家賃、サーバールームの光熱費などランニングコストも大きい。そのため費用を算出する際には最終的に同じサーバを複数年使うとした場合に全体のコストがどれぐらいか考えたコスト計算が必要になる。

また、オンプレミスの場合はすぐに環境を構築することは難しく、環境構築においてサーバ、ネットワーク機器などハードウエアの「調達にかかる期間」の見積もりも必要な所になる。

クラウドのメリットとデメリット

オンプレミスと比較した場合、クラウドのメリットはコストになる。クラウドはそもそも機器を調達する必要がなく、仮に当初の試算が甘かったとしてもサーバの台数や、スペックもネット上ですぐに変更できるなど構築にかかる時間が圧倒的に短い。

ただしデメリットとしてはカスタムの自由度が低く、また契約するプランによっては他のユーザーとサーバを共有することもあるなど、セキュリティに弱い側面がある。
また社内のシステムとの連携が難しく、仮に連携できたとしてもクラウド先のシステムアップデートでいきなり使えなくなったりするなどリスクも高い。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。