アウトソーシング

アウトソーシングとは

アウトソーシング(outsourcing)は外部委託を意味する言葉で、そのまま業務などを自社ではなく外部の業者などに委託し行ってもらうことを指す。語源としては人以外にも外部を利用して調達するものを指す言葉だが、実際には外部人材を活用してという意味合いとして用いられている。

概説

アウトソーシング(外部委託)は従来より行われて来た手法の一つではあるが、現在ではITを活用したアウトソーシングがトレンドになりつつある。
代表的な例としてはクラウドサービスになり、それまで自社で開発し利用してきたサービスを外部の環境を利用することでより質が高くなり、管理の手間からも開放され、経理としても簡略化されるため取り入れる会社が増えている。また業務自体もインターネットを通じて行う機会が増えていることもあり、外部委託先の企業もさらにインターネットを通じて孫請けのような形を形成し運用するところもある。

アウトソーシングのメリット

外部委託を行う目的としては経営における効率化が目的となり、人件費などの固定費を削減することにより経営環境を改善出来る。また経理を始め特定の分野に関しては、自社で行うよりも外部にある会社の方が技術や知識などに長けているケースも多く、その場合は外部の力を活用することでコストだけではなく質も引き上げる事が出来る。また中長期で見ると変化の早い時代において固定的に人材を抱えるよりもその時流に応じて人材を確保する方が変化に対応しやすいという見方もある。

他では繁忙期により多く、閑散期には少なくといった具合にコストの変動が可能となり、よりフレキシブルな対応を行うことが出来る点もメリットになる。

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングにおけるデメリットとしてはより細かな対応をしたい際には時間を要してしまうことが挙げられる。

例えばクリエイティブを製作する部門を外部委託に切り替えた場合、それまではデザインの部門に修正依頼を送り、場合によっては打ち合わせをすることも簡単ではあったが、外部委託になると打ち合わせのタイミングの調整に時間と手間がかかってしまう。また、伝え漏れや追加修正などが発生した場合はさらに時間を要してしまい、管理も煩雑になる。これは特にSNSをはじめとして速報性が重視される今の世の中ではこうしたタイムラグが発生することによる影響は見逃せなく、機会損失を生む事も多い。

また、外部にある業者との関係性においてセキュリティ事故や情報の流出などが発生することもリスクとしては残る。これは自社の社員よりも外部業者を管理することが難しい点が挙げられ、外部業者により広範に裁量を持たせてアウトソーシングを行おうとすると必然的にセキュリティや情報漏洩リスクは付きまとってしまう。

他では、外部委託に頼りすぎる事により自社に人材そのものが、あるいはノウハウや知見が溜まらないことも懸念点として考えられる。頼りすぎてしまうことにより外部委託無しでは成り立たず、契約が終了した後に業務が自社に戻し辛い状況が発生してしまう事もある。これは特に何らかの改善点を発見し、それに対して修正を加えようと考えた際に迅速に行えないことを意味するため、前述したSNSなどのマーケティング部門だけではなく、経営という部分においても致命的なロスに繋がる危険性もある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。