親子丼

親子丼とは

親子丼とは、溶き卵を鶏肉などを割下と一緒に煮たものを、丼の飯の上にのせた料理。卵と鶏肉を使用しているため親子丼と呼ばれている。

作り方

親子丼は割下と呼ばれる、複数の調味料を組み合わせた基本調味料が用いられ、これはダシ、濃い口醤油、酒、砂糖、味噌などをあわせて作られる。その割下を用意し鶏肉は一口大に切り、タマネギは薄切りにする。卵は溶きほぐして砂糖、かつおだし、醤油、みりんを鍋で合わせて煮立て、鶏肉とタマネギを入れて煮る。鶏肉に火が通ったらほぐした卵を加えて、半熟になるまで火を通す。火が通ったら。丼によそった飯の上にのせる。なお彩りとしてミツバ、グリンピース、海苔などをちらしてもよい。
なお、親子丼と呼ばれるものの中には、鶏肉と鶏卵の組み合わせではないものもある。その例として、鴨肉を卵でとじた鴨の親子丼、丼飯に焼いた鮭または鮭の刺し身とイクラを乗せた海鮮親子丼などがある。

注意点

親子丼の作るにはいくつかの注意点があり、鶏肉は一口大に切るときに小さめに切ることがコツとなる。またタマネギを煮込む料理に使うときには、繊維に沿って切ることが一般的で、縦半分に切ってから、切り口を下にして繊維に沿って切る。これは繊維に沿って切ってしまうと、火を通したときに水分が出てきてしまうため繊維を断ち切るようにすると柔らかくなる。

他では卵を滑らかにしたいときには、白身を切るように溶きほぐすことがコツになる。また大きく混ぜて白身と黄身が完全に混ざり合わないようにすると、ふっくらとした仕上がりになる。また、卵は2回に分けて加えると、とろとろな仕上がりになる。手順としては鶏肉に火が通ったところで卵の3分の2を加え、やや固まったら残りの卵を加える。この後に火を通し過ぎてしまうと卵が固まってしまうので、中火で10秒程度を目安にする。

ただし、免疫力が低下している高齢者や乳幼児、妊婦向けに提供する場合は口当たりよりも衛生面を最重要し、しっかりと卵や具材には火を通し、生物を食べないように注意する必要がある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。