PDCAサイクル

PDCAとは

PDCAとは仕事の業務改善を継続的に行うための流れをまとめた概念・手法。アメリカ合衆国の学者であるウィリアム・エドワーズ・デミング、ウォルター・アンドリュー・シューハートらが提唱した品質管理におけるモデルのこと。

特徴

PDCAはPlan(予定)、Do(実行)、Check(確認)、Action(対処)の4つの頭文字を取った略語で、最後のActionの後はまたPlanに戻り、常時その流れを繰り返す。一連のフローで既存の品質の課題や問題点などをあぶり出し改善させるところまで落とし込み実施させることで、品質が保たれ向上していくということになる。

またPDCAは各工程の項目を明確にすることで、より課題点や問題点をピックアップしやすくなり、改善に繋げやすくなる。また業種は問わずに適用が可能で、スケールにも対応できる考え方のため、多くの企業などでPDCAの概念が管理において活用されている。

一方、PDCAは成果物が定まっている製造工場などであれば優位に働くことが期待出来るが、対象の変化が激しい環境下においてはプランが都度変更されることになり、内容が煩雑化してしまうことがある。

また、事業との合致において全ての業務工程がぴったりと落とし込めることは稀なため、その適合しない点に負荷がかかり、結果クオリティが下がることも考えられる。他では、PDCAを回しチェックするための工程にも労働力が少なからず割かれてしまうため、成果物ではなく、PDCAを妥当に持っていくために時間を費やしてしまうということも考えられる。

他では画一化することにより均質的な成果物が多く出来上がることになるため、時流を想定してニーズを捉えるものを生み出す部門では適さない可能性が高い。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。