ピップス

pips(ピップス)とは

pips(percentage in point)は為替レートにおけるの値の最小単位のことを指す。

概説

pipsの価格は通貨ペアにより異なり、例えば米ドル円の場合は0.01円(1銭)になり、ユーロ米ドルの場合は0.0001ドル(0.01セント)になる。
単純に言えば日本円が関係するドル円やクロス円に関しては1pipsは0.01円(1銭)で考え、それ以外の通貨ペア、例えばユーロドルやポンドドル等の場合は1pipsは0.0001通貨で考えることが出来る。

特徴

FXにおいて価格、例えばドル円の場合は100.89といったように少数点以下を算出して表示される。
100pips=レート1円分のため殆どは少数点以下を説明するためにpipsという表現を使うが、200pips(レート2円分)というように用いる人もいる。

1pipsの価格は予め把握することは可能だが、実際に取引を行う際には取引単位により1pipsによる利益は変動する。
例えばドル円の取引において1ドルが100円の際に10pips値が動き利益を得た場合、取引通貨単位が1万通貨の場合は、1万×0.1円の動きのため利益は1000円になり1pipsあたりの価値は100円。
この時、仮に10万通貨を取引していた場合は10万×0.1円の動きのため利益は10000円になり1pipsあたりの価値は1000円となる。

(ドル円、クロス円の場合)取引通貨単位×0.01×対象の通貨ペアにおける今の為替レート
(ドル円、クロス円以外の場合)取引通貨単位×0.0001×対象の通貨ペアにおける今の為替レート

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。