プラットフォーム

プラットフォーム

プラットフォーム(platform)は英語で台を指す言葉で、多くは何らかの仕組みや機能、またはサービスにおける土台のことを指す用語。

概説

プラットフォームはコンピューティングの分野において環境の説明などでプラットフォームという単語が出てくることがあったが、より使われていたケースとしては駅における乗客などが乗り降りするフォームの事を指す言葉として登場することが多かった。ただし、近年では前述したコンピューター・ITをはじめビジネスの分野においても登場する機会が増えている。また、ゲーム機などもプラットフォームとして呼ばれる機会も多い。

なお、そのビジネスの中でもプラットフォームという言葉は、特にWebサービスのことを指して使われる事が増加している。例えば、何らかのサービスが人気を獲得し市場において寡占的な状況を作り上げることがあり、そうした場合そのサービスの事業体のことをプラットフォーマーと呼んだりする。またプラットフォーマーが行うビジネスのことをプラットフォームビジネスと呼んだりする。

プラットフォーマーは主にサービスの更改や管理等を行い、コンテンツの制作や、やり取りされるデータに関しては関知しないというケースが多い。そのため、あくまでも仲介として存在し、手数料や広告料で収益をはかり運営されているケースが多い。

なお、プラットフォームは現在、様々な業種に存在しており、それぞれの領域において寡占化を進めている。ただし、独占的な立場を利用して自社に有利な状況で交渉などを行なっているのではないかと、しばしば話題に登ることがある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。