ポーカー

ポーカーとは

ポーカー(Poker)はトランプを使ったカードゲームの一種で、プレーヤーの手持ちのカードの強さを競う。様々なタイプのポーカーゲームがありルールなどもゲームにより微妙に異なっている。ここでは日本ではポピュラーなドローポーカー(クローズドポーカー)について説明している。

概説

ポーカーは5枚のカードが配られ、配布されたカードで組める手の優劣を競うゲームで、自分と親に加えて複数人が参加して楽しむことが出来る。

ポーカーではまず親を決め、親がカードをシャップルしたあとで、1枚ずつ表向きに各人に配っていく。また各プレーヤーはチップまたはそれに代わるものを場にそれぞれ出す。なお、親はカード伏せた状態で各人に配り1人あたり5枚の手持ちカードになるようにする。

プレーヤーは親から見て左側の人から「ビッド」または「パス」を選択する。ビッドとは、チップを出すことである。誰かがビッドを選択した場合、次からの順番のプレーヤーはパスを選択することができない。次からは「コール」「レイズ」「ドロップ」のいずれかを選択する。

コールとは先のプレーヤーと同じ枚数のチップを出すこと、レイズとは先のプレーヤーよりも多い枚数のチップを出すこと、ドロップとは棄権をすることである。
より強い手札を作るために、手札から不要なものを捨て、捨てた枚数と同じだけストックからカードを貰い、同じようにビットやパスを選択していく。
最終的に各人の手札を確認して、一番強いカードを持っているものが勝ちとなる。

カード・役

カードの一枚一枚の強さとしてはカードの数値が大きくなるほど強いカードになり、Aが一番強いカードとなる。逆に弱いカードは2となり、3、4、5・・・とカードが強くなっていき、10,J,Q,K,Aの順となっている。

また、ポーカーにおいてはカードの強さとは別にポーカー・ハンド呼ばれる役の強さで判断される。この役において最も強いものがロイヤルストレートフラッシュになり、この役は10、J、Q、K、Aの5枚のカードを揃え、かつ同じ種類のカード(ハートでそろえる、ダイヤでそろえるなど)で構成される役になる。ただし、本項のドローポーカーの場合はジョーカー(ワイルドカード)を使用するため、一番強い役は同じ数字が4枚+ジョーカーで構成されるファイブカードが一番強い役になる。他のジョーカーを含まないゲームにおいては前述したロイヤルストレートフラッシュが一番強い役になる。

次に強いハンドがストレートフラッシュになり、同種のカード(スートと呼ばれる)で8、9、10、J、Qなど連続した数字が並んだものになる。ストレートフラッシュ同士における強さは一番大きい数が手の強さとなる。

3番目に強い役はフォーカードと呼ばれる、5枚のうち同じ数値のカードが4枚揃う役がある。これはたとえば、9,9,9,9,3といった場合でスートは揃っていなくても構わない。こちらも強弱は大きい数が対象になる。

4番目に強いフルハウスは、同じ数値のカードが3枚と、同じ数値のカードが2枚そろった場合のことをいう。たとえば、6,6,6,3,3といったケースがある。こちらもスートは共通である必要はなく、強弱は大きい数値が対象。

5番目に強い役であるフラッシュは同種カードがそろった場合該当し、カードの数値は関係なく、ハートだけ、クローバーだけといったようなスートが共通することが条件になる。こちらも強さは一番大きい数値のカードが対象で、重複した場合2番目に大きいカードが対象で、以下も同様。全てが同じ場合は引き分けになる。

6番目に強い役のストレートは異なるスートで連続した数が5枚揃った場合該当する。

7番目に強い役のスリー・オブ・ア・カインドは4、4、4、J、Kのように3枚のカードが揃った場合対象となり、こちらもスートは関係しない。この役の強弱は揃ったカードの数になる。

8番目に強い役のツーペアは4、4、6、6、Qのように2枚ずつのカードが揃った場合が対象。こちらも強さは大きいペア、弱いペア、残り1枚の強さの順で決定される。

9番目に強い役のワンペアは3、3、5、8、Jのように一つのペアのみ完成する役で、こちらも強さはペアがまず対象になり、続いて残ったカードの中で優劣を決する。

10番目に強い役のハイカードは3、5、7、J、Kのように全てバラバラで一枚もまとまらない組み合わせになる。強弱はカード単体の強さ同士を比較して決められる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。