プラダ

プラダとは

プラダ(PRADA)はイタリアの北部の都市ミラノに本社を構える高級ファッションブランド。

概説

プラダは1913年にマリオ・プラダとその兄弟によって皮革製品店であるFratelli Prada(プラダ兄弟)が創立され、その品質の良さから様々な人々に愛されるようになった。その後1919年にはイタリア王室のサプライヤーにもなり、一躍名を轟かせることになる。
ただし高級ファッションブランドとして一躍有名になったプラダ(PRADA)も、1958年に創業者のマリオ・プラダが死去してからは人気が低迷した時期があり、それを復活させたのがナイロン製のポノコをヒットさせたミウッチャ・プラダになる。彼女はマリオ・プラダの孫にあたり、当初はアクセサリーデザインを担当していたが、経営に関わるようになり事業は大きく拡大していくことになる。
1978年に彼女はオーナー兼デザイナーに就くとナイロン製の素材も扱うようになったことで、より機能性が高い商品がラインナップに加わった。特に前述したポノコはナイロン製で従来の製品よりも高い防水性を持っており、かつ値段をリーズナブルなものとすることが可能になったので、一般人でも手に取りやすくなり大ヒットをしたのである。これによりプラダは伝統に加えてカジュアル路線にも力を入れていくことになる。

プラダはその後もレディスウェアやシューズなどの商品販売を始め、さらには1993年に立ち上げたセカンドブランドであるミュウミュウによってアパレル路線やカジュアル路線の商品を拡大していった。

プラダに関しては女性向けの商品だけではなく、紳士用の商品も1994年から販売を開始している。その他にも多角化戦略を取っていた時期があったが、現在では「プラダ」と「ミュウミュウ」の二本柱を中心とした経営となっている。
2006年には映画「プラダを着た悪魔」が大ヒットをしたこともあったが、ストーリーの内容にプラダが関わっていないにも拘らず、宣伝戦略としては成功を納めている。

特徴

現代のプラダの主な製品は高級ファッションブランドなものと、カジュアル路線なものと両方が存在している。またプラダの商品は芸能人やセレブだけではなく、イタリア王室にも愛用されることもあり、王室御用達のブランドとしても有名。

主な製品としてはスーツケースや旅行用バッグ、パーティーバッグなどが挙げられ、いずれも実用性が高く、デザインに優れ、また品質も良い。主な製品カテゴリーは以下の通り。

プラダの主な製品カテゴリー

バッグ(ハンドバッグ、ショルダーバッグ、トートバッグ、バックパック、ミニバッグ、バケットバッグ、ベルトバッグ、クラッチ)
財布・アクセサリー(財布、カードケース、スマートフォンケース、ポーチ、キーケース・トリック、帽子・グローブ、ヘアアクセサリー、スカーフ&フーラード、ジュエリー、プラダ ファインジュエリー、ベルト、ソックス、ショルダーストラップ、プラダ マイ キャラクター)
ウェア(ニット、Tシャツ・スウェット、シャツ・トップス、ドレス、アウター、ジャケット&コート、スカート、パンツ、デニム、レザーウェア)
シューズ(スニーカー、サンダル、レースアップ、エスパドリーユ&ウェッジ、ブーツ&アンクルブーツ、バレリーナ、パンプス、スリッパ・ミュール、ローファー、ドライビングシューズ、サボ)
トラベル(トラベルバッグ、ラゲッジ・キャリーバッグ、ガーメントバッグ、ポーチ・トラベルアクセサリー)
サングラス
フレグランス
ギフト

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。