エリザベス女王杯(競馬)

エリザベス女王杯とは

エリザベス女王杯とは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、毎年初冬の時期に行われる3歳以上の牝馬限定のGIレース。

概説

エリザベス女王杯は京都競馬場の2200m戦で行われるGI競争で1970年から開始された。当初はビクトリアカップという名称の重賞競走であったが1975年に英国のエリザベス女王が来日したことを契機に現名称であるエリザベス女王杯に名称を変更した。なお、長らくレースは2400mで行われていたが、1996年より2200m戦に変更されている。また出走資格も4歳(現3歳)限定のレースであったが、同じく1996年に4歳以上のレースに変更され古馬も参戦出来るようになった。

エリザベス女王杯はクラシック競争ではないものの、世代限定であり、かつGIでもあることから牝馬三冠レースの最終戦という位置づけであったが、秋華賞が1996年に誕生したことで三冠レースとは位置づけが異なるようになり、古馬も含めた牝馬最強馬決定戦という意味合いが強くなった。

特徴

エリザベス女王杯が行われる京都競馬場の2200m戦は外回りコースとなり、直線も長いことから競走馬は比較的能力を発揮しやすいコースといえる。ただし過去には大逃げを打ってそのまま逃げ切ったクイーンスプマンテやたたき合いでヴィルシーナを競り落としたレインボーダリアなど穴馬が台頭することもあった。

エリザベス女王杯のステップレースとしては優先出走権が与えられる府中牝馬ステークスや京都大賞典、秋華賞からの続戦、などが多いが休み明けで使う馬も多い。牝馬限定戦という点や強力な牝馬が天皇賞やジャパンカップ、マイルCSなどにも流れることが増えてきている点などから、近年では実力が拮抗したレースになることが多い。

歴代優勝馬

開催年 優勝馬
1976年 (牝3)ディアマンテ(松田幸春)
1977年 (牝3)インターグロリア(福永洋一)
1978年 (牝3)リードスワロー(武邦彦)
1979年 (牝3)ミスカブラヤ(岡部幸雄)
1980年 (牝3)ハギノトップレディ(伊藤清章)
1981年 (牝3)アグネステスコ(西浦勝一)
1982年 (牝3)ビクトリアクラウン(嶋田功)
1983年 (牝3)ロンググレイス(河内洋)
1984年 (牝3)キョウワサンダー(樋口弘)
1985年 (牝3)リワードウイング(内田国夫)
1986年 (牝3)メジロラモーヌ(河内洋)
1987年 (牝3)タレンティドガール(蛯沢誠治)
1988年 (牝3)ミヤマポピー(松田幸春)
1989年 (牝3)サンドピアリス(岸滋彦)
1990年 (牝3)キョウエイタップ(横山典弘)
1991年 (牝3)リンデンリリー(岡潤一郎)
1992年 (牝3)タケノベルベット(藤田伸二)
1993年 (牝3)ホクトベガ(加藤和宏)
1994年 (牝3)ヒシアマゾン(中舘英二)
1995年 (牝3)サクラキャンドル(小島太)
1996年 (牝4)ダンスパートナー(四位洋文)
1997年 (牝4)エリモシック(的場均)
1998年 (牝4)メジロドーベル(吉田豊)
1999年 (牝5)メジロドーベル(吉田豊)
2000年 (牝5)ファレノプシス(松永幹夫)
2001年 (牝5)トゥザヴィクトリー(武豊)
2002年 (牝3)ファインモーション(武豊)
2003年 (牝3)アドマイヤグルーヴ(武豊)
2004年 (牝4)アドマイヤグルーヴ(武豊)
2005年 (牝4)スイープトウショウ(池添謙一)
2006年 (牝3)フサイチパンドラ(福永祐一)
2007年 (牝3)ダイワスカーレット(安藤勝己)
2008年 (牝3)リトルアマポーラ(C.ルメール)
2009年 (牝5)クィーンスプマンテ(田中博康)
2010年 (牝3)スノーフェアリー(R.ムーア)
2011年 (牝4)スノーフェアリー(R.ムーア)
2012年 (牝5)レインボーダリア(柴田善臣)
2013年 (牝3)メイショウマンボ(武幸四郎)
2014年 (牝4)ラキシス(川田将雅)
2015年 (牝4)マリアライト(蛯名正義)
2016年 (牝4)クイーンズリング(M.デムーロ)
2017年 (牝3)モズカッチャン(M.デムーロ)
2018年 (牝4)リスグラシュー(J.モレイラ)
2019年 (牝4)ラッキーライラック(C.スミヨン)
2020年 (牝5)ラッキーライラック(C.ルメール)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す