ランクブレイン

RankBrainとは

ランクブレイン(RankBrain)とはGoogle検索エンジンでの検索キーワードに対する順位を決定するためのアルゴリズムの一つで人工知能を用いて検索者の意図を予測・推測して検索結果として表示するという仕組みで2015年に導入されている。

ランクブレインの内容

ランクブレインはそれまでエンジニアなどが実装していた新しい検索アルゴリズムを人工知能が学習したデータを元に導入し、テスト&エラーを繰り返すことにより検索結果を優れたものにする。
これは例えば、キーワードに対し特定のアルゴリズムを設定し検索結果に表示した場合、CTRが大幅に上昇した、あるいは下がったなどの検証が行われ、より成果が高い内容を実装したり外したりと微調整していくことでユーザー(検索者)の満足度を高めることに繋げる。

また、こうしたブラッシュアップの結果ランクブレインのアルゴリズムは検索キーワードが複数の意味を持つ場合、入力されたキーワード以外の言葉も認識し検索結果を表示するようになっている。例えばGoogleでスマブラと検索した際に、以前までであればスマブラをタイトルやディスクリプションに入れていたページなどがヒットしていたが、現在では任天堂のゲームタイトルである大乱闘スマッシュブラザーズがランクされるようになっている。このようにランクブレインの導入以降は該当するキーワードがタイトルなどに無くとも、関連性が高いユーザーが求めているコンテンツと判断されれば検索結果に表示されるようになった。

このRankBrainの導入によりキーワードスタッフィングと呼ばれる狙ったキーワードを意図的に散りばめたページの優位性が失われ、より自然な文章で構成されたページの上位表示が可能になっている。
また、現在では検索順位は例えば位置情報なども加味されて決定されることも多く、より広範なデータを関連付けて検索結果を表示できるようにGoogle検索エンジンも常に進化している。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。