利上げ(金融)

利上げ(りあげ)とは

利上げとは金融政策の一つで各国の中央銀行が政策金利を引き上げることを指し、金融引き締め(政策)とも呼ばれる。具体的には銀行間での短期的な資金をやり取りする際のフェデラル・ファンドレート(FF)の誘導目標となる金利を調整する。

特徴

利上げは主に景気・物価の安定化を目的として行われる施策で、景気・物価が加熱した際などに、市場・相場を冷やすために実施される。利上げが実施されると関連する様々な金利が上昇する。例えば、企業が銀行から資金を借り入れる際の利率が上昇することにより、返済額も増加することになるため、企業は資金調達がしづらくなり、設備投資や人材などに投資をすることに対してブレーキがかかることになる。

または住宅ローンの金利が上がることで消費者は住宅ローンを組みづらくなる。このように金利が上昇することで、需要が抑制され、結果として行き過ぎた景気の上昇に歯止めがかかり、市場を安定的な形に収束させるようにすることが期待される。ただし利上げは一方で、利上げはマーケットを見極め適切に実施されなかった場合、景気を過度に冷やすことにも繋がりかねないため、景況の見極めが重要になってくる。

利上げによる金融市場への影響は、株式市場においては利上げにより企業の資金調達が難しくなり、成長に抑制がかかることによる株式価格の下落、為替市場においては利上げにより他の金融市場から資金の流入が見込まれ、利上げが実施された国の通貨高に繋がることが考えられる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す