軽減税率

軽減税率とは

軽減税率(けいげんぜいりつ)とは2019年10月1日より実施される消費税が10%に引き上げられる際に、同時に適用される制度のこと。

概説

軽減税率は消費税(消費税率・地方消費税率)が10%に引き上げられる事に対し、飲食料品など特定の品目に関しては税率を8%に据え置くという内容になる。

対象となる品目

・酒類・外食を除く飲食料品
飲食料品は食品表示法に規定する食品(酒類を除く)および一定の一体資産が該当し外食やケータリング(出張料理)などは軽減税率の対象には該当しない。ピザや蕎麦、寿司などの宅配サービスは軽減税率の対象になる。なお、デリバリーであってもビール等の酒類は対象外となり10%の消費税が発生する。
・週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)
新聞は一定の題号を用いており、かつ政治・経済・社会・文化等に対して一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される定期購読契約に基づくものが該当し、軽減税率の対象になる。

軽減税率の問題点

軽減税率は対象となる食料品を持ち帰ると8%で、店舗に設置されたイートインコーナーで食べると10%になるなど同じ飲食料品でも税率がその後の対応次第で変化するため、どのように判別するか、一律料金にしてしまうか等、提供社が対応に苦慮している。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。