リボルビング払い

リボルビング払いとは

リボルビング払い(Revolving Payments)はショッピング・キャッシング等で使った金額に対して毎月一定の金額を固定し払う、支払い方式の一つ。略してリボ払いと呼ばれる事が多い。なお語源のリボルブ(revolve)とは回転するという意味になる。

概説

リボ払いは月の支払額を設定して支払うため、大きな買い物などをした際などでも支払い額を低く設定すれば月額の支払いその金額通りに出来る。

例えば30万円の買い物をした際に毎月1万づつの分割支払いを設定し、その後20万円の買い物をした際も同様に毎月1万支払う分割払い契約をした場合、ひと月の支払い額は各1万円の支払いとなり、月2万円を支払わなくてはならないが、リボ払いでは月あたりの金額を決められるため例えば1万円の支払いに設定する事も可能。またタイプとしては前述した定額のような方式や支払い残高が一定の金額に達した際に変動させる方式などがある。なお、支払い残高の一部や残りの残高の全部を一括で支払う事も出来る。

リボ払いの問題点

リボ払いは多く金額を利用しても支払額を一定に設定できるため、借金しているという意識が薄れてしまい、ついつい多く使ってしまうという事が問題点として挙げられる。多く金額を使ってしまうと当然その返済は大変な事になり、かかる手数料も大きなものになってしまう。

またリボ払いの手数料は毎月の支払う金額に含まれるため、多くのリボ払い契約をした際に月額の支払いを安く設定した場合、最悪手数料のみの支払額分しか払われず、元々の支払い残高は全く減らないという事態にもなり得る。その場合は元本が減らずいつまでも返済が終わらないという事態もあり得る。

さらにリボ払いはカード会社各社の大きな収益源となっており宣伝は大々的に行われる事が多い。一方ではそれに対するリスクを喚起する文章は余り目立たない形で表現されている事もあるため、正しく仕組みを知り適切な運用を心掛けたい。

以上のような点から、リボ払いを選択する場合はキチンと管理を行い、借りている金額が大きくなり過ぎないように注意をしていく必要がある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。