RFID

RFIDとは

RFID(Radio Frequency Identification)は電波を活用してタグの情報を読み取るシステムまたはその技術のことを指す。

概説

RFIDの基となる技術は1973年に米国で開発され、日本においても製造業での導入検討などが行われていた。ただし、当時はタグのコストが高く費用として割りに合わない状態であったことから積極的には活用されていなかった。

その後、2000年以降に半導体の進化と低価格化が進んだことにより、RFIDの技術は再び注目され、特に近年では積極的に活用した製品が登場している。
日本においてはRFID技術は交通ICカードであるSuicaなどに活用されているFelicaに用いられており、ICカードが広まるにつれてその技術を支えるRFIDにも大きな注目が集まるようになった。
なお、現在ではスーパーや大型販売店など商品点数が多い業界にてRFID技術を活用した製品の導入が進んでおり、今後も増加していくことが見込まれている。

特徴

RFIDはタグの情報を複数枚読み取ることが出来る。そのため従来は一枚一枚チェックしながら読み込んでいたタグの情報が一括で取得できることになり、例えばPOS作業や検品作業時などでは大幅な作業時間の短縮が期待出来る。

また距離も短波帯を活用するタグなどであれば数十センチだが、長いものでは数十メートルの距離を補足出来るものもあり、情報を読み取れる範囲が非常に広いことも特徴の一つとなる。
他には電波を活用するため梱包した状態であってもタグを補足出来るために確認作業などにおいても効率化が実現できる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。