ローミング

ローミングとは

ローミング(roaming)は主にスマホなどを国外において使用する際に、契約している通信事業会社と提携している現地の通信事業会社の回線に切り替えて使用すること。

概説

スマホを使うためには大まかに言うと通信事業会社の提供する回線を用いて通話やインターネットを行う、または公衆wifi(または店舗などで契約されている)などを通してインターネット接続を行う。但し、ほぼ全てのケースにおいて、通信事業者が提供するサービスは国内に限定され、国外でのサービスは提供していないため、海外旅行時などでスマホを普段と同じように使用するためには現地でSIMを購入(契約)し設定を行うか、ローミング機能を用いる必要がある。
ローミングはドコモやau、ソフトバンク等が現地で提携する通信事業社の回線に切り替えて使用することになるが、提携している事業者が現地に無い場合は使用することは出来ない。

また、ローミングによって発生したパケット通信料などの費用は通常契約したプランとは別になっている事が多く、海外で通話やインターネット回線を使ったデータ通信を行った場合はその使った金額分が丸々請求される事になる。そしてその金額も割高になっている事が多く、帰国後高額な請求が発生したというケースも多い。
そのため携帯電話のキャリア各社は「世界データ定額:au」、「パケットパック海外オプション:ドコモ」、「海外パケットし放題:ソフトバンク」など海外でも高額な請求にならずに使えるプランなどを用意している。ただしこれらのサービスはあくまでもインターネット回線に限定され、通話に関してはカバーしていないため通話、またはSMSによる送信を行った場合は費用が高くなることには変わりはない。そのため、海外では通話ではなく、LINEなどのコミュニケーションツールを利用し連絡を取る人が多い。

なお、ローミングは現地のキャリアに通信が出来る状態になると自動的に設定がかかってしまうため、航空機の中で飛行機モードにする際に合わせてローミングもオフにしておくと現地で忘れる心配がない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。