世界一周航空券

世界一周航空券とは

世界一周航空券は世界一周分の行程がセットになって販売されている航空券のこと。

概説

世界一周旅行をするには基本的に各航空会社だけではなく、複数の航空会社に跨った路線に搭乗する必要がある。そのため、世界一周航空券はスターアライアンスやワンワールドといったアライアンスで取り扱う。ただし一部には航空会社単体で取り扱ってもいる。利用する際にはそれぞれに設定されたルール(規約)がありそれに則った形で旅程を組む必要がある。ルールの例としては西または東の同一の方向へのルート、引き返しは対象外、スタートとゴールを同一国にする、滞在する都市数の制限等。より自由度の高い世界一周を行うために世界一周航空券とLCCなどを組み合わせた旅行者も多いが、その場合はルールから逸脱しないことが重要になってくる。
なお、世界一周を定義づけする事は難しいが、チケットの規定から勘案すると太平洋と大西洋を西回りあるいは東回りのいずれかで渡るという事になる。

種類

世界一周航空券の区分としてはまずクラスによる種別の違いがあり、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスが販売されている。他ではマイルに応じた種別の違いや大陸の数による違いがあり、自身の好みによって選択が可能。また途中降機(ストップオーバー)による制限が含まれるタイプの航空券もある。
なお期間に関してはスターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム等の主要な世界一周航空券は最低旅行日数は10日で有効期限が1年となっている。

主要世界航空券(提供社・アライアンス含む)

・スターアライアンス
・ワンワールド・エクスプローラー(ワンワールド)
・グローバル・エクスプローラー(ワンワールド)
・スカイチーム
・ラウンドザワールド
・ヴァージンアトランティック航空&ANA
・シンガポール航空
・エア タヒチ ヌイ

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。